まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
うまさきせつこ

ボディコントロールのプロ

うまさきせつこ(うまさきせつこ)

うまさきせつこモダンバレエ研究所

コラム

簡単に座骨と脛骨直下とつなげる方法

ボディコントロール

2018年4月18日 / 2018年8月18日更新

簡単に座骨と脛骨直下とつなげる方法

ぽってり膨れたお腹をスッキリ伸ばしたい
ぽってり膨れたお腹をスッキリ伸ばしたいー立った時
ぽってり膨れたお腹をスッキリ伸ばしたいー脚から下は?ぽってりお腹にならない伸ばし方を覚える
ぽってりお腹・固いハムストリングスを伸ばす
と、やってみたけれどまだすっきり坐骨は感じられなくて・・と言う人
お腹がスッキリ伸びていれば坐骨は必ずつながっているが
どこかで抜けてしまっている感覚を覚えるために
もうひとつやってみよう。


これだけ。
もう少し、踵の位置は遠くてもいい。
膝の角度がもう少し鈍角であるほうがわかりやすい。
この足はただのフレックスではなくて
坂を登る時・・脛骨直下を通してみる
のように脛骨直下が使えるように
まともに踵を押すのでなく、回し上げるように使っている。
踵のヘリだけで立っている感覚。

繋がる体幹の推進力で脚を高く上げる
の動画の最初でやっている手首の使い方と全く同じ。

難しいことは何もないが
気をつける注意点としては、膝を立てる時。
足先からお尻に脚を持ってくるように立てないで
膝を高くつまみあげるようにして立てる。
足先から持ってくると、腿や付け根に力が入る。
股関節、脚の余分な力を抜く

この記事を書いたプロ

うまさきせつこ

うまさきせつこ(うまさきせつこ)

うまさきせつこプロのその他のコンテンツ

Share

うまさきせつこプロのその他のコンテンツ