まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
うまさきせつこ

ボディコントロールのプロ

うまさきせつこ(うまさきせつこ)

うまさきせつこモダンバレエ研究所

コラム

ぽってりお腹・固いハムストリングスを伸ばす

ボディコントロール

2018年4月14日 / 2018年9月22日更新

ぽってりお腹・固いハムストリングスを伸ばす

ぽってり膨れたお腹をスッキリ伸ばしたい
と、やり方は同じだが
なかなかつながりにくい時には壁にお尻をつけてみて。

壁にお尻をつける
壁にお尻をつける2
お尻をつけてから膝を折り曲げるのでなく
股関節を引き込んで膝を折り曲げながらお尻をつける。
ここから先のリンクでしているように

尻を掬いあげたり、骨盤から坐骨まで
割り箸を通していくような意識をしてみるが
この下の画像では、腰の高さが変化していて
座骨~膝の引き合いがなくなって
脚の繋がりが薄くなっている。

高さをできるだけ変えないで掬い上げるようにするのが
大切になってくる。
背骨の突っ張り棒、坐骨から膝の突っ張り棒、膝裏から脛骨直下の突っ張り棒
全部が連動するようにやってみる。
高さが上に上がってしまうのは内転筋が働いてくれていないこと。
壁を使って肩甲骨、脇、股関節、脚までコントロール3二も、どう意識するか書いている。

壁にお尻をつける3
壁にお尻をつける3
それでも、上から撮った写真を見ると
お尻の形だけでなく、お腹の状態も変化している。

赤丸で囲んでいる部分が
上の画像では丸くなり、脇の皺、股関節周りのもたつき
坐骨が下に下りて
お腹が充分に伸びられない状態であるのがわかる。
肩甲骨も知らず知らず上がっている。

坐骨が中心に寄り
お尻を掬い上げた下の画像では
すっきり流れが通っている。

これで膝小僧が中心に向いて引きあがり
腰の位置が上に上がらないままでできると
ハムストリングスも伸びてくれる。

内転筋
この赤で示したところを
お尻の外側から、自分の手で持って見るのも
感覚を覚えるにはいい。

この記事を書いたプロ

うまさきせつこ

うまさきせつこ(うまさきせつこ)

うまさきせつこプロのその他のコンテンツ

Share

うまさきせつこプロのその他のコンテンツ