まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
うまさきせつこ

ボディコントロールのプロ

うまさきせつこ(うまさきせつこ)

うまさきせつこモダンバレエ研究所

コラム

脇が縮んでしまう

ボディコントロール

2018年3月13日 / 2018年9月20日更新

脇が縮んでしまう

肩甲骨の位置も考えて下げ
肘の内側も引っ張ってみたけれど
脇が縮んでいる、腕や肩の力が入る、というのは何故なのか。

外側の力で、脇を引き込もうとしてしまっているから。
自分ではその意識はないけれども
自分が「こうだよね」と思うことと、実際にしてみたことの認識に差がある。
結果、脇が縮むと、折角下げた肩甲骨にもいらない力が来て
肩も上がってしまう

脇が縮んでしまう2
どうしても肩が盛り上がってしまう人に
体幹の推進力をキープして自由度を上げていく
をしているところ。
肩は下りて見えるが、左右に違いがあるのがわかるだろうか。
服の皺通りに右はインナーが使われて
肩甲骨は肋骨からはがれ、無理なく肘、脇につながっているが
左は肩甲骨が押さえつけられて、肋骨に張り付いている。
つながりがなく、それぞれが独立した形になるので
折角下げた肩も上がって力が入ってしまう。
背骨も反っている。

脇が縮んでしまう1
脇幅を広くする
肋骨に肩甲骨が張り付いているから
背骨が反りやすくなり、肋骨の後ろ側はペッタンコになり
脇幅が狭くなっている。

肩甲骨がはがれると、無理なく脇につながるので
下の画像のように脇幅が広くなる。
殆どのことが為されているのに
ほんのひとつ、外側から使っただけで
しっかりやってみたことが、自分が思わない方に変化してしまう。
楽にうまくいくかどうかは、ほんの紙一重の差。

脇幅を広くしてつなげる
インナーの意識で肩甲骨がはがれ
脇幅が広くなると、オートマチックで体幹につながりができて
推進力をキープしたままの上下移動は容易になる。

脇幅を広くしてつなげる2
単に座っただけでも
その感覚が習慣になると
当たり前に背骨が伸びた状態が心地よい。
自然に笑顔が出る。

この記事を書いたプロ

うまさきせつこ

うまさきせつこ(うまさきせつこ)

うまさきせつこプロのその他のコンテンツ

Share

うまさきせつこプロのその他のコンテンツ