マイベストプロ福岡

[税務会計・財務]の専門家・プロ …4

福岡県の税務会計・財務の専門家・コンサルタント

福岡県に拠点を税務会計・財務に関する専門家、プロのプロフィール、実績、コラム、費用や口コミ、評判などから相談相手を探せます。税務会計ではできるだけ営業利益を少なく、財務会計では利害関係者い対して利益を多く見せる会計処理をとります。手元に資金を多く残すことは事業を継続していくためには重要です。しかし金融機関や取引関係との円滑な取引を視野に入れると適切な利益を計上している決算状態をつくることも重要になってきます。そのため企業は現在の状況から3年後、5年後などを見据えて適切な会計処理をしていくことが必要となります。税務的、財務的両面から適切な会計処理を行うためには業種特有の会計処理や損失処理などを組み合わせた処理などの知識を持ったバランス感覚が必要になります。社内だけで会計処理についての検討がなかなか難しいケースでは、会計士、税理士、経営コンサルタントなどからのアドバイスを活用することもひとつの選択肢となります。「法律と実態を把握し、顧客の立場に立って多くの事例を参照しながら、解決策を導きだすこと」が重要なポイントです。福岡県を拠点とする専門家・プロへお気軽に相談してみてください。課題解決へ向けてサポートしてくれます。

現在の検索条件

福岡県×税務会計・財務

フリーワードで絞込み

1~4人を表示 / 全4

那須栄治

このプロの一番の強み
未来をよくしていく、そのためにすべきことをアドバイス。

[福岡県/税務会計・財務]

未来のビジョンをカタチにするためのお金や経営のアドバイザー

 那須栄治さんのお取引先相手は、主に企業で時々個人。規模は大小さまざまです。顧問契約を結んでいる企業とは、定期的な税務・会計を入り口にして、現状の経営分析から今後目指したい方向に向かうためのアドバ...取材記事の続きを見る≫

職種
公認会計士、 税理士
専門分野
・税務顧問、事業承継対策、相続対策、事業計画書の作成支援・資本政策、原価計算制度の導入支援、会計...
会社/店名
那須公認会計士税理士事務所
所在地
福岡県福岡市中央区警固3-12-13  古川ビル2F

柴田翔吾

このプロの一番の強み
公共・医療介護・教育研究分野に特化した会計・税務サービス

[福岡県/税務会計・財務]

無私の志を、応援したい

 自治体職員として地元を盛り上げたい、医師として病気で苦しむ人を助けたい、教育者として人材育成に力を注ぎたい…そういうシンプルな“無私の志”を持った方が世の中には少なからずいるはずです。しかし、近頃は...取材記事の続きを見る≫

職種
公認会計士、 税理士
専門分野
● 地方自治体向け会計・税務サービス(公会計、公営企業、公共施設マネジメント ほか)● パブリック分...
会社/店名
柴田翔吾公認会計士事務所
所在地
福岡県福岡市中央区大名2-4-38  チサンマンション天神3 810号室

常盤直也

このプロの一番の強み

[福岡県/税務会計・財務]

公認会計士と税理士のダブル資格で、中小企業の経営をサポート

「常盤公認会計士税理士事務所」の代表・常盤直也さんは、京都大学経済学部を卒業後、公認会計士の資格を取得。6年間の大手監査法人事務所勤務を経て2008年に独立しました。公認会計士になろうと決めたときから...取材記事の続きを見る≫

職種
公認会計士、 税理士、 経営コンサルタント
専門分野
会計、税務、経営コンサルティング
会社/店名
常盤公認会計士税理士事務所
所在地
福岡県糟屋郡志免町別府1-9-8  西ビル2F

鈴木樹雄

このプロの一番の強み
建設業界での豊富な営業経験と税理士資格を生かして粗利益を追求

[福岡県/税務会計・財務]

営業経験と税理士の資格を生かして、建設会社の粗利益の増加を実現

 「税理士法人ヤマト」の代表・鈴木樹雄さんは、長年務めた大手建設会社「清水建設」を退職し、50歳で税理士に転身しました。実務経験を積むため、福岡市内の老舗税理士事務所で4年間勤務した後、それまでの営業...取材記事の続きを見る≫

職種
税理士
専門分野
会社/店名
税理士法人ヤマト(税務業務)、(株)ヤマトシェアリング(コンサルティング業務)
所在地
福岡県福岡市中央区渡辺通2-6-12   八千代ビルYA55-705

この分野の専門家が書いたコラム

日本は「ハンコ文化」を脱却できるか 3

日本は「ハンコ文化」を脱却できるか 3

2020-09-29

 アクセスいただき、ありがとうございます。  7月6日掲載のコラム「日本は「ハンコ文化」を脱却できるか」にて、電子契約の真正性の問題について少し触れました。 ⇒リンク  電子契約の場合は押印ができないので、代わ...

日本は「ハンコ文化」を脱却できるか 2

日本は「ハンコ文化」を脱却できるか 2

2020-09-10

 アクセスいただき、ありがとうございます。  7月6日掲載のコラム「日本は「ハンコ文化」を脱却できるか」にて、電子帳簿保存法について少し触れました。 ⇒リンク  実は、この電子帳簿保存法は改正され、来月の10月1...

社会福祉法人の会計監査

社会福祉法人の会計監査

2020-08-24

 アクセスいただき、ありがとうございます。  数年前から、一定規模以上の社会福祉法人における、会計監査人設置義務化が話題となっています。当記事では、この会計監査人設置義務化と、適用範囲拡大の方向性について、概観し...

この分野の専門家が取り扱うJIJICO記事

福岡市「法人税率15%引き下げ」の意義

福岡市「法人税率15%引き下げ」の意義

2014-06-29

福岡市は法人税の実効税率を、創業から5年に限り15%程度に引き下げる規制緩和を国に求める方針であることを明らかにした。実現によって期待できる効果と懸念点について、税理士が解説する。