まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
宮本章太郎

心理カウンセリングのプロ

宮本章太郎(みやもとしょうたろう)

京都カウンセリングラウンジ

コラム

簡単に済むような問題なのかそうでないのかを知る

2011年7月21日

カウンセリングを受けていく中で
あなた自身がどれだけの事に気づけるかというのは
非常に大事になってきます。

ちなみに、もし1回のカウンセリングでどうにかなるような悩みであれば
その悩みはあなたの中ではそれほど深刻ではない悩みと言えるかもしれません。

もちろん悩みに程度が低いなんて事はありませんから
こんな悩みくらいでと思う必要はありません。

気づきが人生を変えると言っても過言ではない。
私はそのように思います。
それ程気づきというのは大事なことで
人が生きていくうえで何も気づかなければ
やがて人生は廃れていってしまいます。

例え今がどんなに充実してる人でも
必ずや何か転機を迎えるときがやってきます。
その時になっても今と同じ充実した人生を保ってられる保障はどこにもありません。
その時になってどう自分の心と向き合っていけるのか
あるいは向き合っていられるのか
この事が非常に大事になるわけです。

今が充実してる人は、何も不必要に未来の心配をする必要はないですけど
それでも自分の心の在りようを考えておくことは
いつどんな時にも強い心を備えてられるかという事にも繋がります。

もし今、自分の心が弱いと感じられてるならば
メンタルを鍛えてやる事で
あらゆる出来事に立ち向かっていける心を手にする事が可能です。
メンタルを鍛えるといっても身体を鍛えるように
何か特別な特訓をするわけではありませんよ。
そして虚勢を張ることでもありません。
心の強さとは、肉体的な強さとはまた違ったものなんですね。

心の強さを手に入れるのにも
やはり気づきというものが大事になってきます。
そしたらどうやってこの気づきを起こしやすくするのか?

普段から自分の心の状態など意識するというのはもちろんですが
他にも何かふと気になった事や、心に引っかかったものを
メモ帳でもノートでも、そういったものに記録しておくというのは
心の訓練法としてもかなり有効です。

カウンセリングの時に気づいたこと
終わってから振り返ってみて気づいたこと
また、普段の生活の時に気づいたことなど
思いついたことは全て記録しておくと、後で整理もしやすくなります。
これは心理療法でも行われてる方法ですので
ぜひ実行してみてください。

ただし、あまり神経質になって
その事が精神的負担になってしまってはいけませんよ。
何でもホドホドという言葉があります。

その記録したものを自分で振り返ってみるのも構いませんし
カウンセリングの時にお話していただいても構いません。
ぜひ有効に活用してみてください。

他にも何か聞きたいことがあれば
何でも気軽にお聞きくださいね。
私はあなたを心より応援しています。



ご意見ご感想、あなたの聞きたい事を聞かせてください。
メールでけっこうですよ。
必ず目を通します。
また、こんなテーマで書いてほしいというご希望も
併せてお待ちしてます。

“心理学でエンターテイメントを提供する”
京都カウンセリングラウンジ
宮本 章太郎



コラムに対するご意見ご感想などお気軽にお聞かせください。
皆様から頂いたコメントやメッセージは励みになります。


公式ホームページ http://kyotocl.web.fc2.com/
eメール kyotocl@gmail.com

この記事を書いたプロ

宮本章太郎

宮本章太郎(みやもとしょうたろう)

宮本章太郎プロのその他のコンテンツ

Share

宮本章太郎のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-09-24
rss
ブログ
2018-09-24
youtube
YouTube
2015-07-09
google-plus
Google+
facebook
Facebook