マイベストプロ香川

[労働問題・就業]の専門家・プロ …3

高松市の労働問題・就業の専門家・コンサルタント

日本各地に事務所を構える「労働問題・就業」に関する専門家の中から、あなたにぴったりのプロをお探しいただけます。 専門家の気になるプロフィールや取材記事、経歴、サービス内容を掲載しています。

現在の検索条件

高松市×労働問題・就業

フリーワードで絞込み

1~3人を表示 / 全3

鶴見伸之

このプロの一番の強み
ハローワーク出身の社労士ならではの視点で労働問題を解決

[高松市/労働問題・就業]

労働基準法に基づいた労務環境の改善で、企業発展をサポート

 働き方改革が叫ばれている昨今。企業の発展を図りながらも、法を踏まえた労働環境を整える手段に頭を抱えている経営者も少なくないでしょう。そんな悩める事業主の救世主となってくれるのが、鶴見社会保険労務...取材記事の続きを見る≫

職種
社会保険労務士・行政書士
専門分野
会社/店名
鶴見社会保険労務士・行政書士事務所
所在地
香川県高松市勅使町149-1

谷川由紀

このプロの一番の強み
経営コンサルティング、人事労務、女性活躍推進支援等の専門家

[高松市/労働問題・就業]

働き方改革やアンガーマネジメントで職場環境をサポート

 「社会保険労務士」とは、労務顧問や人事制度の構築をはじめ、就業規則作成、助成金申請等、企業における労務問題全般の代行業務を行うスペシャリスト。「高松太田社労士事務所」代表の谷川由紀さんもその一人...取材記事の続きを見る≫

職種
社会保険労務士
専門分野
働き方改革支援・女性活躍推進支援・ワークライフバランスへの取組み支援・育児および介護と仕事の両立...
会社/店名
高松太田社労士事務所
所在地
香川県高松市伏石町2176-29

町田仁美

このプロの一番の強み
アンガーマネジメント・NLPコーチングで「気づき」を楽しむ

[高松市/労働問題・就業]

アンガーマネジメントとNLPコーチングで感情をコントロールし、上手に伝える

 「まちだ社会保険労務士事務所」の町田仁美さんは、社会保険労務士としての活動とともに、アンガーマネジメント、NLPコーチングを取り扱う講師・コンサルタントとして活躍されています。社会保険労務士として労...取材記事の続きを見る≫

職種
社会保険労務士
専門分野
● アンガーマネジメント(アンガーマネジメントコンサルティング)●NLPコーチング、コミュニケーション...
会社/店名
まちだ社会保険労務士事務所
所在地
香川県高松市寺井町31番地3

この分野の専門家が書いたコラム

【無料】時間管理術(タイムマネジメント)セミナーのご案内

【無料】時間管理術(タイムマネジメント)セミナーのご案内

今年度、オンラインにて登壇させていただいている 「厚労省 令和2年度キャリア形成サポートセンター事業」の「タイムマネジメントセミナー」。 7月から、早くも4回目のオンライン講座開催。 12月13日(日)10時〜1...

コロナを経て変わりつつある雇用問題について

コロナを経て変わりつつある雇用問題について

数年間、JITCO(公益財団法人 国際人材協力機構)で 外国人技能実習制度に関する業務に携わっていた経験から、 現在も、県内協同組合の外部監査役や、 実習生に向けた法的保護講習などを担当しています。 今週26日に...

パワハラ防止に効果的なアンガーマネジメント

パワハラ防止に効果的なアンガーマネジメント

先日、(株)多田文房堂さん主催の 「パワハラ防止×アンガーマネジメント」研修を担当しました。 夜18時30分〜20時にて開催。 当日は、県内の経営者や人事担当者の方がお集まりくださいました。 最初30分程度、ハ...

この分野の専門家が取り扱うJIJICO記事

KDDIが「社内副業」をスタート 働く側と企業側にとってのメリットとは?

KDDIが「社内副業」をスタート 働く側と企業側にとってのメリットとは?

「社内副業」とはどのような仕組みなのでしょうか。働く側のメリットはあるのでしょうか。社会保険労務士の谷川由紀さんに聞きました。

パワハラ防止法の施行により企業に対策を義務付け。職場環境の改善には何が必要?

パワハラ防止法の施行により企業に対策を義務付け。職場環境の改善には何が必要?

今回のパワハラ防止法の施行を機に、企業や労働者一人一人がハラスメントをどのように理解しコントロールするべきか、アンガーマネジメントコンサルタントの町田仁美さんに聞きました。

在宅勤務でリモートセクハラが問題に。Web会議のためにテレワークマナーは必要?

在宅勤務でリモートセクハラが問題に。Web会議のためにテレワークマナーは必要?

在宅勤務が広まるとともに「リモートセクハラ」がSNS上に登場し、問題になっています。快適に在宅勤務を続けるための最低限のテレワークマナーとは?社会保険労務士の谷川由紀さんに聞きました。