マイベストプロ神戸
うまさきせつこ

ボディコントロールで体の使い方を伝えるプロ

うまさきせつこ(うまさきせつこ) / ダンスインストラクター

うまさきせつこモダンバレエ研究所

コラム

股関節、膝裏、腿裏を楽にする 

2021年11月25日

テーマ:ボディコントロール

コラムカテゴリ:スクール・習い事

股関節、膝裏、腿裏を楽にする 


無理がないから美しい 究極の体の使い方
うまさきせつこのボディコントロール主宰 うまさきせつこです。


膝を折り曲げると脚が固まる
腿の裏も固くなる
足首も固く、股関節も楽にならないという方。

どこで操作をしていますか?
足の先から胴体に近づけて来ていませんか?


足の先から運動を起こすと
もれなく固くて動かしづらい脚が誕生します(^_^;)
普段、それが当たり前になっていると
脚に力が入っているのだとも思えないもの。
脚に力が入っているのが、自分にとっては
フラットな状態になっています。

ちょっと自分の意識を変えてみましょうか。

膝裏にお肉が集まった状態
この脚は無理なく、そこそこ楽そうにみえますが
もう少し膝の裏にゆとりがあるといいなと思います。
足首にも腿裏にも、ふくらはぎにもきつさはなく
股関節にくっきり折れ目ができています。

でももう少しスッキリしてほしいので
壁を使ってみました。


体幹から送り出し
壁に足裏をつけ脚を曲げる感覚でなく
お尻から壁に向かって折りたたんでいきます。
この時、背骨が伸ばせていることが必要です。
お尻を壁に向けるようにして近づけます。



最初の画像より、膝裏が楽そうですよね。
この脚が90度に折り曲げられた状態は
ここから如何ようにも使えるフリー切符のようなもの。

背骨が伸び、股関節がくっきり折りたたまれ
固まっているところがないのは
折り曲げた股関節も膝もねじれず、方向が合っているからです。
腿の裏が長く使えるとストレスがありません。


ねじれのない90度の状態にしてやるとストレスがありません。
怪我もしにくく
体幹主導で開脚、脚を上げる、ジャンプする、方向変換するなど
あらゆる動作が楽にできます。


意識の切り替えが体の切り替えでもあります。
楽で痛みのない体は意識の持ち方ひとつで
あなたを変えてくれます。

------------------------------------------------------------------------------------------

ボディコントロールを動きに活かすことを見たくありませんか? 
来年1月舞台に出させていただくことになりました。  

新春洋舞フェスティバル
日時   2022年1月23日㈰  2部制
      1部 開場 15時  開演15時半
(間に消毒なども含めて休憩あり)
      2部 開場 17時半 開演18時 
会場   サンケイホールブリーゼ(大阪梅田)
チケット 前売券  3,000円
     当日券  3,500円
詳細・お申込は↓
新春洋舞フェスティバル

うまさきせつこHP他

HP
せつこのゆったり自分コントロール

ワークショップ
          

この記事を書いたプロ

うまさきせつこ

ボディコントロールで体の使い方を伝えるプロ

うまさきせつこ(うまさきせつこモダンバレエ研究所)

Share

関連するコラム

うまさきせつこプロのコンテンツ