マイベストプロ神戸
うまさきせつこ

ボディコントロールで体の使い方を伝えるプロ

うまさきせつこ(うまさきせつこ) / ダンスインストラクター

うまさきせつこモダンバレエ研究所

コラム

立位体前屈も使い方で脚の上がり方も変わります

2021年7月27日

テーマ:ボディコントロール

コラムカテゴリ:スクール・習い事

立位体前屈も使い方で脚の上がり方も変わります

立位体前屈は開脚より更にできるためのポイントがあります。

「腰が曲がってしまう」「肩に力が入る」
「お腹が縮む」「膝が伸びない」
など、上手く行かないポイントはいろいろあるのですが
これも脇や背骨が伸びてくれませんと
気持よく伸びていきません。

立位体前屈のポイント
この画像の中の左下の立位体前屈は
お尻が下がり、腕は独立して
ちゃぶ台を斜めにしたような感じですね。
これだと背骨も脇も伸びません。

内腿を引き上げてお尻の位置を高くし
腕は脇からつながるようにしてもらいました。

それだけで体の印象もつながりも変化し
脚を上げると最初の立位体前屈では
殆ど後ろに伸ばしているだけにしか見えなかったのが
立位体前屈が改善できると
脚の上がり方も変わってきます。

ここからまだ胸郭の使い方や脚の引き合い方を変えると
更に状態は改善できます。
体の可能性は果てがなく、どこまでも変化が期待できます。
------------------------------------------------------------------------------------------

メルマガにはコラムには書いていないことを
書いています。
更に体の使い方を知りたい方は
PCの方はこちら
スマホの方はこちら
試して頂くと、アンサーメールに続き
お悩みの体の習慣を変えるヒントが送られます。

うまさきせつこHP他

HP
せつこのゆったり自分コントロール

ワークショップ
          

この記事を書いたプロ

うまさきせつこ

ボディコントロールで体の使い方を伝えるプロ

うまさきせつこ(うまさきせつこモダンバレエ研究所)

Share

関連するコラム

うまさきせつこプロのコンテンツ