マイベストプロ神戸
うまさきせつこ

ボディコントロールで体の使い方を伝えるプロ

うまさきせつこ(うまさきせつこ) / ダンスインストラクター

うまさきせつこモダンバレエ研究所

コラム

骨盤と脚を分けるーお尻から使うと股関節は?

2021年7月22日

テーマ:ボディコントロール

コラムカテゴリ:スクール・習い事

骨盤と脚を分けるーお尻から使うと股関節は?

骨盤と脚を分けて使うと
開脚でも長座でも楽にできることにつながりますが
脚を主体にして使うと
つながり方が変わってきます。

(脚から開いた時の股関節)
脚から開いた時
(お尻から使った時の股関節)
お尻から使った時
脚から開いた時には
脚の付け根の前側につながりが来やすいのです。
脚の付け根が浅く折れ目ができ
浮き上がり、お尻は抜けてしまいます。


下の画像。
お尻から動かしてそれに伴って
脚が開くようにしてみると
折れ目が深く、お尻の形が変わりました。
折れ目が深いのは脚の付け根が浮き上がらず
下に降りていると言うことです。
お尻からの脚のコントロールがしやすくなります。

長座
お尻から動かして長座。
脚がまっすぐ使えて
きれいに長座ができています。
------------------------------------------------------------------------------------------

メルマガにはコラムには書いていないことを
書いています。
更に体の使い方を知りたい方は
PCの方はこちら
スマホの方はこちら
試して頂くと、アンサーメールに続き
お悩みの体の習慣を変えるヒントが送られます。

うまさきせつこHP他

HP
せつこのゆったり自分コントロール

ワークショップ
          

この記事を書いたプロ

うまさきせつこ

ボディコントロールで体の使い方を伝えるプロ

うまさきせつこ(うまさきせつこモダンバレエ研究所)

Share

関連するコラム

うまさきせつこプロのコンテンツ