マイベストプロ神戸
うまさきせつこ

ボディコントロールで体の使い方を伝えるプロ

うまさきせつこ(うまさきせつこ) / ダンスインストラクター

うまさきせつこモダンバレエ研究所

コラム

腿や膝に負担をかけないための意識付け

2019年11月28日 公開 / 2019年12月15日更新

テーマ:ボディコントロール

コラムカテゴリ:スクール

腿や膝に負担をかけないための意識付け

膝が痛いと言われる人の動作を見ると
膝を庇おうとして、かえって膝や腿に負担をかけることを
されていいるのをよくみかける。

膝の上に乗ると痛い膝が余計に痛くなる。
低い位置から腿、膝に負担をかけずに立ち上がる(2019年5月28日)
膝の上に体がそのまま乗ると、痛みがない人でも楽ではない。
膝に不安のある人が階段を下りるとき(2018年2月28日 )
要するに体幹主導で使うということになる。

そのために背骨がしっかり引き合って伸び
体幹の底を押して股関節が折り曲げられることで
自然に腿や膝に負担をかけずに折れ曲がるようにしたい。
いきなりは難しいので、そのための意識付けを。

(壁についたところが面)
腿や膝に負担をかけない折り曲げ方
(壁に着いたところが点)
膝に負担をかかる折り曲げ方3
壁を使って無理のない長座の流れを覚える
の最初でやっていることだが
今は後ろに持たれることなく、自然にお尻がつくまで、
とことん背骨を伸ばすことをしてもらっている。
そうするとここまで背骨が伸びて自然に膝が折れ曲がる。
これは動画がなかったんだなと今気づいた。

上の画像では体幹の底が面で大きな接地面がある。
腿の裏が体の中心に向かって伸びているのと
背骨が伸びているのが合致して、安定した面を作っている。
下の画像も背骨が伸びてはいるが
壁についたお尻は点でしかついていない。

この時にはよくても
ここから体を立てた時、下の状態では腿や膝に負担がかかる。

(背骨が伸びず骨盤と脚が分かれていない)
ひざに負担のかかる折り曲げ方
(反り腰で膝を押して背骨が充分伸びず、重心が前)
膝に負担をかかる折り曲げ方2
こういった状態も、腿や膝に負担がかかる。
膝がそれぞれ
上の画像は上から体重が乗るし
下の画像は膝の角度が鋭角で前にあり
腿に負担がかかり膝裏が詰まる。

長くなってしまったので今日はここまで。
股関節で膝の曲げ伸ばしをコントロールしたいので
背骨を伸ばすことが必要であることを知ってほしい。

うまさきせつこHP他

HP
せつこのゆったり自分コントロール

ワークショップ
          

この記事を書いたプロ

うまさきせつこ

ボディコントロールで体の使い方を伝えるプロ

うまさきせつこ(うまさきせつこモダンバレエ研究所)

Share
関連するコラム

うまさきせつこプロのコンテンツ