マイベストプロ神戸
うまさきせつこ

ボディコントロールで体の使い方を伝えるプロ

うまさきせつこ(うまさきせつこ) / ダンスインストラクター

うまさきせつこモダンバレエ研究所

コラム

反り腰さんのポッコリお腹を改善するために

2019年11月19日 公開 / 2019年12月12日更新

テーマ:ボディコントロール

コラムカテゴリ:スクール

反り腰さんのポッコリお腹を改善するために

反り腰になる人は、体幹の底を面で押しにくいので
股関節にもつながりにくく
なかなか充分に背骨が伸びにくい傾向があります。
お腹をしっかり伸ばそうとして、意識が前側に行きやすく
肋骨を上げてしまいがちになるので
体幹の流れがつながりにくく、お腹はポッコリ出たままになりやすいです。

反り腰さんのポッコリお腹改善1
私の言うことをよくわかってくださっているので
骨盤が上がらないようにして
体幹の底を押そうと意識されていますが
肩甲骨ははがせているけれど
腰椎あたりの感覚は薄く
背骨を丸く広げて更に体幹の底まで
繋がって押すことが
この時点では難しいようです。

反り腰さんのポッコリお腹改善3
下腹を胸郭の中に流れを作るように
肩甲骨下に向かって一旦お尻の底まで
すくいあげるようにして
背骨の前のきわきわのところを
這い上がり、できるだけ腰椎が伸びて広がるように
体幹の底を押しつつ伸ばします。
骨盤が上に上がってこないように体幹の底に
できるだけつなげる意識で。
イメージは三日月が脚の台の上で、スライドして角度を変えるように。
三日月を寝かせる2(2016年5月30日)
↑伸びあがる時には、これの逆バージョンと考えて。

反り腰さんのポッコリお腹改善4
反り腰さんのポッコリお腹改善5
このあたりで、ようやく下腹が少し感じられるようになっています。
ここで肋骨前側を上に伸ばそうとしないで
肋骨の位置はそのままキープして
あくまで体の裏側を伸ばすことが大事です。
肋骨を上げてしまうとつながりがなくなります。
つま先重心でなく踵もしっかり感じて。

反り腰さんのポッコリお腹改善6
反り腰さんのポッコリお腹改善7
いかにも反り腰ではなく
かなり体の裏側を意識して背骨が伸びてきています。
この方向でいいですが、まだ感覚が覚えたて1年生なので
引き続き、また改めて違うバージョンも試してみて
更に楽で無理のない立ち姿で
お腹をスッキリさせてもらいます。

うまさきせつこHP他

HP
せつこのゆったり自分コントロール

ワークショップ
          

この記事を書いたプロ

うまさきせつこ

ボディコントロールで体の使い方を伝えるプロ

うまさきせつこ(うまさきせつこモダンバレエ研究所)

Share
関連するコラム

うまさきせつこプロのコンテンツ