まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
うまさきせつこ

ボディコントロールのプロ

うまさきせつこ(うまさきせつこ)

うまさきせつこモダンバレエ研究所

コラム

支える腕、肩に力が入るー鎖骨を引く意識

ボディコントロール

2018年6月14日 / 2018年8月18日更新

支える腕、肩に力が入るー鎖骨を引く意識

肩甲骨、股関節、踵をつなげる感覚
動きの中でやってもらうのに体をブランコのように使うことを
よくしてもらっている。
この運動はもともとうちではよくやっているが
肩甲骨から起こす体幹運動
いきなりは難しいので、段階を踏んでいる。
繋がりを意識すると引いた時に丸くならなくてもでき
うまくいかない長座の改善にも使える。

昨日のつながる体幹ー体勢が変わるとき、どこをつなげる?
のように、つながる力の流れを確認して
床で小さくやってみて感覚が掴みにくい人もある。
体幹から動きを出そうとするとき、つい腕の力で始めてしまい
肩が盛り上がり、腕が辛い。
椅子を使ってみるとわかりやすい。

(腕や肩に力が入るー改善前)
(改善後)
(腕や肩に力が入るー改善前)
(改善後)

写真を見ると一目瞭然だが前に送り出すのも引き込むのも
最初は腕の力で動かしているので肩が盛り上がり
繋がりの流れがないので、体は落ちて
動きが出ない。

腕の力でなく、手首、肘、肩甲骨、股関節、踵とつながるために
小さな意識をする。
鎖骨を引いてみるのだ。
肩甲骨をどう引くか

そうすると、つながりができて体幹の底が押せる。
双方向のベクトルが出来ると
背骨をしならせて明確な動きにつながる。
まさにブランコのように前に送る時には
体幹の底は斜め前までいくし、
後に引く時には体幹の底は斜め後ろまで向いて
股関節はしっかり引き込まれて背骨が伸びている。
体幹主導になっているので体が落ちず
踵もしっかり使えている。

この記事を書いたプロ

うまさきせつこ

うまさきせつこ(うまさきせつこ)

うまさきせつこプロのその他のコンテンツ

Share

うまさきせつこプロのその他のコンテンツ