まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
うまさきせつこ

ボディコントロールのプロ

うまさきせつこ(うまさきせつこ)

うまさきせつこモダンバレエ研究所

コラム

ぽってり膨れたお腹をスッキリ伸ばしたいー脚から下は?

ボディコントロール

2018年4月10日 / 2018年9月22日更新

ぽってり膨れたお腹をスッキリ伸ばしたいー脚から下は?

ぽってり膨れたお腹をスッキリ伸ばしたい
ぽってり膨れたお腹をスッキリ伸ばしたいー立った時
と、書き進めてきたが、
お腹がスッキリ伸びるには骨盤ができるだけ下に下がり
連動してくれる坐骨の位置感覚も合わせて
しっかり感じられることが必要。

動画でもコラムでも、そのつながりについて書いているが
床を踏む踵から中心に向かうベクトルを作ってやれば
お腹がスッキリ伸びるだけでなく、
大きなお尻、横に広がったお尻、四角いお尻も変化する。

踵から坐骨、中心に向かうベクトル
この片脚は床から僅かに浮いている。
坐骨からつなげて脛骨直下を押しながら
(参考:痛い足裏ー均等に踏むためのストレッチ
股関節の内側を体の中心に引き込むようにする。
この写真では骨盤が上がってしまっているが
これは腰ごと上げてしまった結果。
使うのはインナーである。

台の上に立って行うやり方(骨盤~坐骨)
この引き合いがうまくできず、床から足が離せない時には
台の上でやってみるのもいいが、床から足が離れたらOKではないことをお忘れなく。
インナーが使えている場合は、このようにお尻が並ぶ。
骨盤から坐骨を通すようにすると(前述のリンクで詳しく書いている)
座骨は中心に寄るので上下の引き合いにつながる。

お尻を掬い上げる
更に骨盤を送り出すように、お尻を掬い上げると
お腹の伸びの感覚と中心への引き込み方が感じられる。
軸足側も脚は上げていなくても同じことをしている。
たくさん脚をあげてはいないし、つま先は伸ばしていないがアラベスクと同じ。

お腹を引っ込めるために、辛いことをたくさんするのでなく
位置感覚と繊細な使い方を覚えていく。
自然な流れを作ってやれば、よほどでなければ
スッキリしてくる人は圧倒的に多い。

この記事を書いたプロ

うまさきせつこ

うまさきせつこ(うまさきせつこ)

うまさきせつこプロのその他のコンテンツ

Share

うまさきせつこプロのその他のコンテンツ