まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
うまさきせつこ

ボディコントロールのプロ

うまさきせつこ(うまさきせつこ)

うまさきせつこモダンバレエ研究所

コラム

「脇の引き込み」補足

ボディコントロール

2018年2月12日 / 2018年8月15日更新

「脇の引き込み」補足

先日公開した動画
肩甲骨から股関節につながる脇の引き込みを覚える
を補足してみる。

これから示す写真では、脇を引き込んでいる人がもちろん自分自身でやっているが
補助している人の指の状態もよく見てほしい。
使い慣れたアウターの筋肉で引き込もうとしているか
インナーで引き込もうとしているかは、お互いに違いがすごくわかる。


腋の下に指をつっこんでいる。
最初は指だけが体に向いている感じに見える。


肩甲骨の内側に指を呼び寄せるように
腋の下が広くなるように引き込む。
指の持ち主の向きが変わっている。
引き込んでいる本人の肩と腕が自然に分かれてくる。


肩甲骨が安定し、脇から股関節、背骨がつながってくる。
指の方向が体の向きにマッチしている。


指は引き込まれて脇は水かきを広げたように
大きく広がっているが、せき止められているのではなく
奥行きにも幅があって広い。
指の方は吸い込まれたような感覚。
腕も脇も固くならず柔らかく使えている。
補助している人の脇もこういう時は同じように引きこまれている。
誰かの補助をする時には、補助する人の体が
相手に反応するので、自然に体の使い方がよくなる。


1人でやってみても脇は広く、腕は長く
最後まで横に寝てしまうことよりも
斜めになった四角い箱を突っ張り棒で押すイメージを持って
床との間に三角の空間があるように使ってみよう。

この記事を書いたプロ

うまさきせつこ

うまさきせつこ(うまさきせつこ)

うまさきせつこプロのその他のコンテンツ

Share

うまさきせつこプロのその他のコンテンツ