まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
うまさきせつこ

ボディコントロールのプロ

うまさきせつこ(うまさきせつこ)

うまさきせつこモダンバレエ研究所

コラム

体幹から踵、つま先に至る感覚ありますか?

ボディコントロール

2018年1月12日 / 2018年9月22日更新

体幹から踵、つま先に至る感覚ありますか?

東京でも、力の流れの感覚をしっかり感じてもらうと
全く皆さんの状態が変わってきたので
昨年末のコラム体幹につながる足裏
もう少し補足しておく。

体幹につながる足裏2
前述のコラムから先のこと、
つま先を伸ばしてみる。

これを押した感覚は文章では説明できない。
体幹から坐骨を通り、ハムストリングス、膝裏、踵を通る流れがあって
つながりがあって初めて感じられる感覚だからだ。

土踏まずを伸ばす
踵を押巣感覚があるまま、その流れのまま
土踏まずを伸ばした時には、ルルベで立っている状態。
どこかだけが独立していない。
拇指、小趾より先が緊張していないのもわかる。

土踏まずを伸ばす2
更に長い範囲に押す。

つま先を伸ばす
足裏が縮まず、とても長く使われている。
もちろん、踵も縮んでいない。
このような伸ばし方が出来る時には体幹部分も
しっかりつながっている。
初めはばらばらだったものが
体幹からつながる距離の感覚を少しずつ長くしてきた結果。

踵を押しつつ土踏まず、つま先を伸ばす
部分ではでない強い力が出ている。
力を入れるのではなく、通している。

体の中に詰まっていない通廊を作っていくようなもの。
感覚が育って行き、通廊が感じられたら
詰まった時には違和感が感じられるようになる。

体幹につながる足裏のための参考:踵と土踏まずで体幹につながるアーチを作る

この記事を書いたプロ

うまさきせつこ

うまさきせつこ(うまさきせつこ)

うまさきせつこプロのその他のコンテンツ

Share

うまさきせつこプロのその他のコンテンツ