まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
うまさきせつこ

ボディコントロールのプロ

うまさきせつこ(うまさきせつこ)

うまさきせつこモダンバレエ研究所

コラム

股関節を意識して重心移動

ボディコントロール

2016年1月24日 / 2018年9月20日更新

股関節を意識して重心移動

股関節の感覚を把握して、コントロールできた状態でで重心移動すると
非常に楽に大きく、つま先と膝の方向も一致した状態でできる。

重心移動1
長く伸ばした側の骨盤は上がりやすいので
股関節を引き込んで、できるだけ下に下げ、胴長状態にしておくと
坐骨が中心に集めやすく、脚の付け根に隙間ができ、コントロールがしやすい。

重心移動2
軸足側の脚の付け根を進む方向に入れ込み、押していくと
同じように引き込んだ股関節から出た反対側の脚も
坐骨から膝が送り出されて
軸側の脚も下ではなく横に引き伸ばされる。

重心移動3
これが更に押されていくと、体幹が移動した下に脚がある状態で
反対側に重心が移動する。

重心移動4
脚が移動方向に安易についてこないで、坐骨から遠くに離すように伸ばしておく。

重心移動5
更に押されて、移動先の軸足踵の上にお尻がくると
脚の力でなく、体幹部分が移動を終えて
脚は骨盤の中から、手綱を引き込んでコントロールできる状態で
すんなり伸びる。

体幹から近い坐骨から膝は、常に短くならずに
電車の車両のように次のパーツを押して移動していく。

この記事を書いたプロ

うまさきせつこ

うまさきせつこ(うまさきせつこ)

うまさきせつこプロのその他のコンテンツ

Share

うまさきせつこプロのその他のコンテンツ