まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
うまさきせつこ

ボディコントロールのプロ

うまさきせつこ(うまさきせつこ)

うまさきせつこモダンバレエ研究所

コラム

体幹から脚をつなげつつ骨盤を動かす

ボディコントロール

2015年9月1日 / 2018年9月19日更新

体幹から脚をつなげつつ骨盤を動かす


以前に書いているコラム腰に負担をかけない体幹から脚のつながりでは
骨盤を前傾、後傾させる動きをお腹と背中で背骨をサンドするようにして行なっていますが
今回は横側も付け根が折れる状態を作りながら左右に動かす感覚を
中心に集める意識を持ちながら、行っています。

股関節が折れる状態にするのは脚ではなく、整えられた体幹部分の微細な動きです。
お尻を横に振るような動きになると、体の中心が振り回されて体を傷めます。
中心に引き込まれて集められた手綱をしっかり手にして、コントロールしている状態だと
思って下さい。

股関節の前側を折るのは誰もがやりますが
横も後ろも分けることができます。
ここしばらくのコラムでは、そういうことを繰り返し、いろんな角度からかいていますので
日付を戻ってご覧ください。

これとほぼ同じ使い方をしている動画
股関節の力を抜いて重心移動
よりも動ける幅を制限している分、よりコアな感覚をつかめ、繊細な感覚が生まれます。
股関節の入れ込みで7センチ小さなお尻
のようなことにも発展していきますが、中心に集めて動かす小さな意識を大事にしていきましょう。

この記事を書いたプロ

うまさきせつこ

うまさきせつこ(うまさきせつこ)

うまさきせつこプロのその他のコンテンツ

Share

うまさきせつこプロのその他のコンテンツ