まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
うまさきせつこ

ボディコントロールのプロ

うまさきせつこ(うまさきせつこ)

うまさきせつこモダンバレエ研究所

コラム

お腹、背中が縮むと股関節はうまく折れません

ボディコントロール

2015年8月20日 / 2018年10月18日更新

お腹、背中が縮むと股関節はうまく折れません

昨日のコラム背骨ー押し付けるのと伸ばすのとは違います
に関連して。

股関節がひっかかるように折れにくかったり、固まってそれ以上行かない時は
お腹や背中、脇など縮んでいることが多い。

体幹がしっかり伸びた時の股関節
体幹が縮んだ時の股関節

上の写真は留められた肩甲骨の下から背骨が送り出されるように伸びて
上下に引っ張られ、骨盤も上に上がっておらず、脚も骨盤の下から引き出されるように持ってきているので
無理なく折れている。

ところが下の写真では背中が縮んで、骨盤と脚が一緒に持ち上げられていて
折ろうとしても途中で止まってしまう。
胸の高さも肩甲骨の位置も、骨盤の状態も違う。
坐骨から膝の距離も短い。
股関節を折って、膝を折り曲げてくることなど、意識せずとも普通にできてしまいそうな気がして
無意識にやってしまうが、あら?固まってる!と感じた時には
お肉がたくさん余っている状態になっている。

「伸ばす」と言うと固めて力を入れるようにイメージする人も多いが
「流れを通す」のである。
筋肉がカチカチになっている状態ではない。
柔らかいけれど縮みはないという状態になる。
体がストレスを感じる状態ではない。

小さな違いはそう変わらないように思えるが
デッサンでいくつものラインから、ここ!とつながりを作っていくように
ひとつずつ自分の体の「当たり前」を作っていくことが
重ねて行けば大きな変化になっていく。

この記事を書いたプロ

うまさきせつこ

うまさきせつこ(うまさきせつこ)

うまさきせつこプロのその他のコンテンツ

Share

うまさきせつこプロのその他のコンテンツ