まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ千葉
影山正伸

労務管理(給与計算含む)と人事・賃金体系整備に精通した社労士

影山正伸(かげやままさのぶ)

影山社会保険労務士事務所

コラム

「諭旨解雇」と「懲戒解雇」の違いって?

懲戒処分

2013年10月11日

 みのもんたさんの次男が、日テレを「諭旨解雇」になったそうです。この処分について軽いのでは無いのか、いやなぜもっと重い「懲戒解雇」では無いのだ、と賛否があるようです。そこで、「懲戒解雇」と「諭旨解雇」の違いを解説したいと思います。

「諭旨解雇」って?

懲戒処分(就業規則に違反し懲罰を与えること)で有り、一般的には一番重い処分である「懲戒解雇」の次に重い処分となります。「○日以内に退職届を提出すること、提出しなければ懲戒解雇にします。」という内容になります。退職届を自ら提出させることで、自己都合退職となり、退職金は受け取れます。「懲戒解雇」は、退職金が出ません。ここに大きな違いがあります。
中小企業では「諭旨解雇」処分自体が無いところの方が多いかと思います。大手企業や官公庁ではあるところの方が多いでしょう。

「懲戒処分」を行うには必ず「就業規則」が必要

「懲戒処分」を行うにあたっては、そもそもの話として「就業規則」が無いとできません。過去の判例で、「就業規則」が周知されていなかったため、「懲戒解雇」が無効とされた事件があります。(フジ興産事件最高裁平成15年10月10日第二小法廷判決)
会社のルールに違反した者に「懲戒処分」を科したいのであれば、必ず「就業規則」を作っておきましょう。

この記事を書いたプロ

影山正伸

影山正伸(かげやままさのぶ)

影山正伸プロのその他のコンテンツ

Share

影山正伸プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
047-393-6220

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

影山正伸

影山社会保険労務士事務所

担当影山正伸(かげやままさのぶ)

地図・アクセス

影山正伸プロのその他のコンテンツ