まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ千葉
影山正伸

労務管理(給与計算含む)と人事・賃金体系整備に精通した社労士

影山正伸(かげやままさのぶ)

影山社会保険労務士事務所

影山正伸プロのご紹介

手続、給与計算から労務管理、人事体系整備までオールマイティ(1/3)

メイン画像/労働基準監督署での実務経験などを強みに持つ社会保険労務士・影山正伸

労働基準監督署で培った実務経験は他の社労士にない強み

 社会保険労務士(以下、社労士)は、労働・社会保険諸法令に基づく申請書・届出書・報告書・審査請求書・異議申立書等の書類作成代行などを行い、また、企業経営上の労務管理や社会保険に関する相談・指導を行うことを任務とする国家試験合格者です。
 影山正伸(かげやま・まさのぶ)さんは、平成6年(1994年)11月に社労士資格を取得し、平成8年(1996年)1月に影山社会保険労務士事務所を開業。「石の上にも3年」と歯を食いしばり、その後徐々に取引先を広げ、事務所を堅実に運営してきました。その影山さんの特長、強みをうかがいました。
 
 影山さんは千葉県内に社労士事務所を開業後、社労士会から労働基準監督署に派遣され、まず労災課相談員を2年間務めました。第三者行為災害を中心に労災書類の受付、コンピュータ処理等労災業務全般を行い、障害給付と遺族給付の決定に関わる事務以外全ての労災業務に監督署内で携わったことは、「大変勉強になり、大きな自信につながりました」と影山さんは振り返ります。
さらに2年間、労働基準協会連合会委嘱「就業規則普及指導員」として労働基準監督署監督課に勤務。労働相談、就業規則受理、36協定(残業・休日出勤に関する労使協定)受理等を行い、他の社労士が経験できない実践を積みました。労災課と合わせた4年間で監督署がどのような仕組みで動いているのかを知り、その後の実務に大いに役立っているそうです。例えば、従業員とのトラブルなどで監督署から是正勧告を受けた事業主に対して、影山さんは素早く的確な対応をアドバイスできるのです。

 また、人事処遇制度の策定、導入などを支援する株式会社日本人事総研の研修を受講して同社会員となり、職能資格制度導入などのコンサルティングも手がけています。「人事コンサルを続けるうちに、人事面で分からないことはなくなりました。確定拠出年金の相談にも対応できます」と影山さんは自信を持って話します。
労働基準監督署で培った実務経験、人事コンサルティングに精通している点は、影山さんの大きな強み。諸届・諸規程等の手続業務、給与計算等はもちろん、オールマイティに対応できることが影山社会保険事務所を発展させてきたのです。

影山正伸プロのその他のコンテンツ

Share

影山正伸プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
047-393-6220

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

影山正伸

影山社会保険労務士事務所

担当影山正伸(かげやままさのぶ)

地図・アクセス

影山正伸プロのその他のコンテンツ