まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ宮城
村山るり子

心を育てる、人材育成のプロ

村山るり子(むらやまるりこ)

ハート栽培

コラム

'' 決っしてくじけてはいけません ,, ー女性管理職への道 3話 ー

女性管理職への道

2013年12月14日 / 2014年2月20日更新

こんにちは☃
なんと「墨絵のせかい!」お寒いですね!
雪国の皆さんは「雪片付け」に追われることでしょう。ご苦労様です☃温かく過ごしてくださいね!

★ 【 くじけてはいけません。ー 女性の仕事の仕方 ー 】

誰でも、最初からできる人などいません。人と違う何かはそれぞれもっていることはあるでしょう。

◎ 育った環境、もちろん整えられた環境

だが、わたくしはあえて「自分の道」を自分で選んだのです。
最初は、「打ちのめされていることの繰り返し」です。挫折も失敗も数々ありました。
反対もありました。それ・・「言わんばかり」ともいわれました。
仕事を辞めたい!そんなことは「日常茶飯事」でした。

◎ 「自分で選んだこと」自分で選んだ道です。

先ず、「研修の厳しさ」それはそれは厳しい研修でした。それは、「自己中心」の意識を変えることでした。
なぜなら、親元で教えてもらった「躾」に感謝したことです。
ただ、「社会」はもっともらう能力はたくさんあるのです。また「能力を伸ばす習慣」をいただけたのです。

◎ 女性として、また仕事場を与えてもらえたことに!

誰もが、「辞めたい」辞めていきました。
わたくしは、こう「考えたんです!」
先ずは、どうなるのかこの「女子は?」と・・男性社会であったことは当然ながら、「こいつ中々…」と
そして、男性社員の能力、上司の仕事を覚えたい!そんな思いでした。

お金をいただき「社会」を知る!「能力」を身につけられる!ありがたいと思う毎日でした。
もちろん、女性のお給料は男性よりずいぶんな「差」でしたから大変な日々!
ですから、わたくしの「幸せノート」の初まりでした。

♡ ○○で叱られた!→「知ってよかった」また一つ「習慣」を身につけられる!
「習慣」とはいい習慣を身につけることは、'' 実に人に褒められる ,, いいことです。

この記事を書いたプロ

村山るり子

村山るり子(むらやまるりこ)

村山るり子プロのその他のコンテンツ

Share

村山るり子のソーシャルメディア

facebook
Facebook