マイベストプロ石川
上野峰喜

環境に優しい電解水や食品資源リサイクル機器のプロ

上野峰喜(うえのみねき)

株式会社金沢テックサービス

コラム

HACCP義務化の背景

2019年7月4日 公開 / 2019年10月23日更新

テーマ:食品安全安心支援業務

HACCP義務化の法的期限まで、残り1年を切りました。

よく、「なぜ、HACCP制度化する必要があるのか?」という声を聞きます。
特に、個人経営の飲食店の方からよく聞きます。


             
いま一度、再確認の意味を兼ねて、義務化の理由、背景を整理します。

まず、社会的に食中毒事故がなかなか減らないこと。
次に、異物混入等による製品回収が多いこと。
食品の輸出拡大や、東京オリンピック・パラリンピックの開催が迫り
日本の食の衛生管理基準が世界的に求められていること。

以上が主な理由、背景となります。

厚生労働省の発表では、食中毒事故の約60%は飲食店で発生しているそうです。
個人経営のお店等を含めて、衛生レベルの基準を上げていこうという狙いがあります。

(株)金沢テックサービス
URL https://kanazawa-ts.jimdo.com

この記事を書いたプロ

上野峰喜

環境に優しい電解水や食品資源リサイクル機器のプロ

上野峰喜(株式会社金沢テックサービス)

Share
関連するコラム