まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
うまさきせつこ

ボディコントロールのプロ

うまさきせつこ(うまさきせつこ)

うまさきせつこモダンバレエ研究所

コラム

背骨を無理なくしならせたいー坐骨を押せますか?

ボディコントロール

2018年6月1日 / 2018年9月26日更新

背骨を無理なくしならせたいー坐骨を押せますか?

昨日のコラムつながる体幹ー背骨の意識はAラインで
でも書いているように
背骨が無理なく自由にしなるようにしたいと思うと
肩甲骨がはがれ、坐骨を押せる状態の2つのベクトルが
張り合っていなければ、思うように使うことはできません。
双方向に張ったゴムは途中の場所を押しても、張りがあるままですが
片方向にしかベクトルがなければ、張りはなく押される方について行ってしまいます。

背骨をしならせる1
肩甲骨、股関節、踵をつなげる感覚
のように、自分の位置感覚を認識してもらいながら
背骨を動かしています。
片方にしかつけられませんが大きな赤丸は坐骨。
実際には坐骨と言うより、「体幹の底」と思って見て下さい。
肩甲骨を下に押し付けず、はがす感覚は骨盤と脚を分け、体幹の推進力で送り出す
の最初の方でも説明しています。

肩甲骨がはがれたまま留めて、坐骨までベクトルを向けると
流れが出来て、脛骨直下まで通り、床からの力が坐骨に戻ります。
張りがあって長さの変わらない突っ張り棒がつながっていくと
背骨はひとつずつ順にしならせることが出来ます。
下腹も縮ませずに背骨のしなりに合わせて伸ばせます。

背骨をしならせる2
上の画像とは反対に胸を上に向けていくしなり方。
背骨を中心として
両脇に水の入った丸いチューブを思い浮かべてみてください。
スーパーに売っている牡蠣チューブの形が大きくなったものをイメージすると
わかりやすいと思います。
この牡蠣チューブの底は床に向けて押されています。

胸を上に向けていくしなり方では
このチューブが脇からでなく、背骨に近いところから
中心、前側と回っていくイメージをすると
背骨が楽にしなります。

もう一つ上の画像のようにロールダウンする時は
これが逆回転すると更に背骨のしなり幅が大きくなります。

この記事を書いたプロ

うまさきせつこ

うまさきせつこ(うまさきせつこ)

うまさきせつこプロのその他のコンテンツ

Share

うまさきせつこプロのその他のコンテンツ