まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
うまさきせつこ

ボディコントロールのプロ

うまさきせつこ(うまさきせつこ)

うまさきせつこモダンバレエ研究所

コラム

体幹の推進力を脚につなげる

ボディコントロール

2018年1月23日 / 2018年8月15日更新

体幹の推進力を脚につなげる

先日のコラム中心から分けるパンシェの流れ
脚を上げていると言うよりも
体幹の推進力を脚につなげて中心から分けている。


肩甲骨の位置を明確にして
突っ張り棒のように伸びた背骨、脇を
脚までつながるように
まず四つん這いで感じてみる。


中心から脚を前後に分ける。
まずはアンディオール、と考えず
繋がりと張りを感じてみる。
位置感覚とつながりができれば、アンディオールは
その後で、いくらでも感じられる。

膝小僧を引き上げ、さあ!膝小僧を引き上げよう
足裏への送り出しを考える。
体幹から踵、つま先に至る感覚ありますか?

ここから軸足をつっかけ
体幹から脚を送り出していく。


位置感覚をしっかりさせて
それぞれのベクトルがそのままスライドしていくだけ。
肩甲骨から促す体幹の推進力
でやっていること、そのまま。

「脚を上げる」という感覚ではない。
体幹が脚を送り出し
脚が中心に向かって引き込まれている。
体幹を明確にしっかり伸ばしていくほど脚が自然に上がる。

この記事を書いたプロ

うまさきせつこ

うまさきせつこ(うまさきせつこ)

うまさきせつこプロのその他のコンテンツ

Share

うまさきせつこプロのその他のコンテンツ