まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
うまさきせつこ

ボディコントロールのプロ

うまさきせつこ(うまさきせつこ)

うまさきせつこモダンバレエ研究所

コラム

折りたたむ膝から下に力が入ってしまう

ボディコントロール

2017年10月19日 / 2018年9月23日更新

折りたたむ膝から下に力が入ってしまう

膝下に無用の力が入る1
昨日のねじれのない脚の状態を覚える
のように骨盤幅の中から脚を出せるようにして
折りたたもうとすると、なかなか脚の方向が揃わないと言う人は
膝下に無用の力が入っています。

膝下に無用の力が入る2
踵の感覚がわかった時1
上の画像は先の状態を横から撮ったもの。
膝裏が食い込んでいます。
ジョイントがなくなるほど脚がビンビンになって曲げようとすると
膝下に力を入れて押し付ける形になってしまいます。
踵そのものを押すのでなく、体幹から踵までの繋がりが感じられるようにしてから
さあ!膝小僧を引き上げよう(9/4修正)
のように、
繋がりの流れの中にジョイントができるようにすると
下の写真のように無理な力が抜けて、脚はかなり楽そうになり

踵の感覚がわかった時2
膝下の方向も随分揃ってきました。

踵の感覚がわかった時3
この意識が出来ると、体育座りをしたときには
このように脚はまっすぐになります。
更にうつぶせのまま、股関節の状態はキープしたまま
方向を揃えた脚の張りをしっかり持つと

捻じれのない脚でプリエ
うつ伏せのままのプリエも痛みがありません。

この記事を書いたプロ

うまさきせつこ

うまさきせつこ(うまさきせつこ)

うまさきせつこプロのその他のコンテンツ

Share

うまさきせつこプロのその他のコンテンツ