まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
うまさきせつこ

ボディコントロールのプロ

うまさきせつこ(うまさきせつこ)

うまさきせつこモダンバレエ研究所

コラム

肩甲骨、脇の状態を確かめる

ボディコントロール

2017年4月21日 / 2018年8月18日更新

肩甲骨、脇の状態を確かめる

体のどこにも大切でないところはないが
肩甲骨、脇のラインが一致していないと
背骨は連動してくれないし、背骨が動いてくれないと
股関節も思うように動いてくれない。

肩甲骨と脇、腕のラインを一致させて、方向を合わせることは
数々のコラムでお話ししているが
どう動かせばどうなるか、自分で確かめていくと
少しずつコントロールしていくのに役立つ。


肩口は常に前側から後ろに回し下げて
腋の下は、やはり前から後ろに脇の下の方向を
下から上に扉を開けるようにする。
こうした状態では、肩甲骨と脇が同時に挟めて
厚みのある脇を感じることができる。

甲腕一致した状態では
腋の下に固さがなく、なだらかにつながっている。
固さやこわばりが感じられる時には
甲腕一致していなかったり、扉を開ける方向が違っていたり
上から押しつけていたりするとき。




自分の手で触って動かしてみて
脇の側面から脇の下、腕の方向が
1本のリボンのように、ねじれずにつながる状態を確かめていく。

自分の体が、どうすればどう動くか知っていくことも
自分の体の状態と、実際に動いている感覚との差異を埋めていくための
大事な作業になる。

この記事を書いたプロ

うまさきせつこ

うまさきせつこ(うまさきせつこ)

うまさきせつこプロのその他のコンテンツ

Share

うまさきせつこプロのその他のコンテンツ