まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
うまさきせつこ

ボディコントロールのプロ

うまさきせつこ(うまさきせつこ)

うまさきせつこモダンバレエ研究所

コラム

肩甲骨はピンポイントでは下がりません

ボディコントロール

2015年9月17日 / 2018年8月18日更新

肩甲骨はピンポイントでは下がりません

『肩甲骨を回し下げてね』
と、私がいつも言っているので、皆さん一生懸命回し下げようとされていますが
実際見てみると留められないで、すぐに上がってしまうのは
ピンポイントでされていて、気持ちだけ回し下げた気分になってしまってるのですね。



骨格模型をやや上から撮ってみた写真ですが
鎖骨が上がると、肩甲骨も下がります。
これだけ広い幅で回し下げるんですね。



こちらはお借りしてきた僧帽筋の図。
お坊さんの帽子の形に似ているので、僧帽筋と言いますが
この帽子が上に上に上がろうとするのを回し下げる訳です。
こんなふうに大きな筋肉なので、一部分で引っ張っても一瞬下がった気になりますが
すぐ戻ってしまいます。
大きな幅で回し下げて、更に腰方向につなげて納めていきます。



大きな幅で回し下げて、更に脇を引き込んで肘方向につなげてみると
これだけ左右差が出るほどに肩甲骨は下がっています。
このようなイメージが掴めると、今度は背骨が感じられるようになっていきます。

もう一度、再確認してみましょう。

この記事を書いたプロ

うまさきせつこ

うまさきせつこ(うまさきせつこ)

うまさきせつこプロのその他のコンテンツ

Share

うまさきせつこプロのその他のコンテンツ