マイベストプロ千葉

[申請代行]の専門家・プロ …5

千葉県の申請代行の専門家・コンサルタント

日本各地に事務所を構える「申請代行」に関する専門家の中から、あなたにぴったりのプロをお探しいただけます。 専門家の気になるプロフィールや取材記事、経歴、サービス内容を掲載しています。

現在の検索条件

千葉県×申請代行

フリーワードで絞込み

1~5人を表示 / 全5

渡邉勉

このプロの一番の強み
それぞれの企業に最適な就業規則の作成、見直しを提案

[千葉県/申請代行]

中小企業の成長を支え、リスクを抑える就業規則を提案

千葉県市川市にある渡邉社会保険労務士事務所。所長の渡邉勉さんは、市川、浦安、船橋を中心に中小企業・中堅企業の人事労務管理をサポートする社会保険労務士です。企業の人事労務問題の解決において要となるの...取材記事の続きを見る≫

職種
社会保険労務士、 行政書士
専門分野
■就業規則の作成、見直し■人事・労務相談■セミナー開催
会社/店名
渡邉社会保険労務士事務所
所在地
千葉県市川市富浜2-2-1  セントラル富浜205

影山正伸

このプロの一番の強み
給与計算含む労務管理、従業員トラブル解決、人事体系整備に強み

[千葉県/申請代行]

労働基準監督署での実務経験をもとに労働の現場で起きるさまざまな問題に対応

 社会保険労務士(以下、社労士)は、労働・社会保険諸法令に基づく申請書・届出書・報告書・審査請求書・異議申立書などの書類作成を代行するほか、企業経営上の労務管理や社会保険に関する相談・指導を行うこ...取材記事の続きを見る≫

職種
社会保険労務士
専門分野
労働基準監督署労災課、監督課での実務経験を活かし、労務管理の諸問題の相談・指導に特に強く、また、...
会社/店名
影山社会保険労務士事務所
所在地
千葉県市川市南八幡4-17-14  中村ビル5階

池田洋三

このプロの一番の強み
不動産屋・FP・建築士・行政書士。4つの目を活かした不動産売

[千葉県/申請代行]

不動産コンサルティング・FP・建築士・行政書士。4つの知識で“安心の不動産売買”を支える

千葉県船橋市に所在する不動産屋さん株式会社Hope Home代表取締役の池田洋三さんは、宅地建物取引士など不動産の資格以外に、行政書士、ファイナンシャルプランナー(FP)や建築士までもあわせもつ異色の不動産...取材記事の続きを見る≫

職種
ファイナンシャルプランナー、 不動産コンサルタント、 行政書士
専門分野
■不動産業土地建物の無料査定業務
土地建物の売買における仲介業務
自社での土地建物の買取・販売
不動...
会社/店名
株式会社Hope Home 
所在地
千葉県船橋市宮本4-13-8

岩崎眞弓

このプロの一番の強み
社労士としての知識や経験を最大限に生かした丁寧なサポート

[千葉県/申請代行]

豊富な経験と丁寧なヒアリングで、障害者を全面的にサポート

 社会保険労務士の岩崎眞弓さんの事務所は、千葉駅から徒歩5分の所にあります。事務所に入ってすぐ目に着くのが車椅子。岩崎さんは、障害年金の申請代行を専門に扱うことから、駅から近く、車椅子や杖でも安心し...取材記事の続きを見る≫

職種
社会保険労務士
専門分野
● 障害年金に特化したさまざまな相談や申請代行
会社/店名
岩崎社会保険労務士事務所
所在地
千葉県千葉市中央区栄町36-10  YS千葉中央ビル8F

畑中晃

このプロの一番の強み
強い使命感を持ち地元に貢献!相続に関する悩みを幅広くサポート

[千葉県/申請代行]

相続登記、生前贈与登記、遺言書作成、相続放棄など 相続に関するお悩みを親切丁寧にサポート!

 司法書士の畑中晃さんが、昨年5月、地元の柏市で開業しました。畑中さんは埼玉の司法書士事務所に約7年勤務し、不動産登記、会社設立、商業登記、相続、債務整理など司法書士業務全般を経験してきました。現...取材記事の続きを見る≫

職種
司法書士
専門分野
■相続登記■生前贈与登記■遺言書作成支援■相続放棄申述支援■不動産売買、抵当権抹消など不動産の登記...
会社/店名
はたなか司法書士事務所
所在地
千葉県柏市中央町7番26-203号

この分野の専門家が書いたコラム

NEW!自筆証書遺言保管制度

2020-07-10

令和2年7月10日より、自筆証書遺言保管制度が開始しました。 自筆遺言保管制度は、ご本人が自筆で作成した遺言書を法務局が保管してくれる制度です。 これまでは、自筆で作成した遺言書はご自身で保管するか誰かに預けて...

今年から相続と遺言がかわります!②

2019-07-01

相続 手続き

みなさんこんにちは! 蒸し暑い梅雨がつづきますが、いかがお過ごしでしょうか? さて、前回のコラムで今年から相続と遺言の法律が段階的にかわることをお知らせしましたが、今回はその第2段、本日からスタートとなる部分をか...

今年から相続と遺言が変わります!

2019-01-11

相続 手続き

みなさんこんにちは! 大変寒い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。 さて、今年から相続と遺言についての法律が順次変わります。 民法の相続編については、39年ぶりの改正です。 具体的な施行スケジュールは、つ...

この分野の専門家が取り扱うJIJICO記事

大阪府庁がPC強制終了で残業削減、働き方改革で「ジタハラ」?メリットはあるの?

大阪府庁がPC強制終了で残業削減、働き方改革で「ジタハラ」?メリットはあるの?

大阪府が残業抑制のために終業時間後の午後6時30分に、職員のパソコンの電源を自動的に切るしくみを来年度中に導入すると発表しました。「ジタハラ(時短ハラスメント)」が生まれる可能性はないのでしょうか。社会保険労務士の影山正伸さんに聞きました。

トヨタ社長の「終身雇用難しい」発言からも伺える、バブル世代の行く末!?

トヨタ社長の「終身雇用難しい」発言からも伺える、バブル世代の行く末!?

2019-11-06

働き方改革

トヨタをはじめ、日本を代表する大手企業の経営者による、終身雇用の見直しの可能性を示唆する発言が、大きな話題となりました。終身雇用はなくなっていくのでしょうか。また、時代を見据えたバブル世代の心構えとは。

長時間のタバコ休憩で訓告処分、労働契約から考える妥当性は?

長時間のタバコ休憩で訓告処分、労働契約から考える妥当性は?

2018-06-17

大阪府の職員がタバコを吸うため、2年間で440回の離席をしていました。府はこれを職務専念義務違反として、訓告処分にしました。本人は処分を受けた日に退職しています。この処分は妥当なのでしょうか。労働契約から考えてみましょう。