マイベストプロ大阪
新谷千里

高利益を出すスーパーマーケットにするコンサルタント

新谷千里(しんがいちさと) / 経営コンサルタント

有限会社サミットリテイリングセンター

お電話での
お問い合わせ
06-6654-6640

コラム

他所と同じことをしないこと?

2020年1月26日 公開 / 2020年2月25日更新

テーマ:スーパーコンサルからのヒント

コラムカテゴリ:ビジネス

【スーパーコンサルからのヒント】

昨日は、大阪で業務改善のコンサルティングでした。
新規出店したもの、予算に届かない。
また、競合店の出店で、売上が落ちている。

どの様な商圏でも、現在のように競争が複雑化してくると、新規出店も必ずしもうまくいくとは限りません。
また、競合店の出店や退店が、既存店に大きな影響を及ぼします。

このような時に重要なことは、確かなコンセプトと、そのための営業戦略を立てて、その実現のために、無駄なく行動することです。

特に重要なことは、「他所と同じことをしない」ということです。
そして何より、ターゲット顧客は、「どんな人…?」を確かにして、チーム全員で共有し、イメージできていることが重要になります。

それを理解できていれば、品揃えすべき商品やサービスの質などが明確になってくるはずです。
また、売ってはいけないものや、遣ってはいけないことも理解する必要があるでしょう。

言い換えれば、限られた時間(人時)を、『重点的に投入すべきこと』が解りますので、生産性も高まります。
当然、『ターゲット顧客が悦ぶこと』に、チームの時間を最大限に使うという行動をすることです。
どうでも良いことに時間を費やしていてはいけません。
そういう意味では、当たり前になっている作業も、現場でいま一度確認しあいながら、止めることも重要なことです。


そして、何より重要なことは、今来てくれている、『売り場にいるお客』を観察することです。
開店時、ピーク時間、閑散時間、夜間などで、性別、年齢、身なりなど、それぞれ違うお客が来ているはずです。

AS・20200122_143321.jpg
これは、昨日のクライアントの事例ですが、
朝いちばんは、低価格を目当てに来ているお客が多いように思います。
しかし、徐々に、身なりを整えたお洒落なお客が、そのほとんどを占める様になりました。
母親と娘さんの親子連れ、老夫婦、小さな子供と楽しく買い物をするお母さんという様な状況です。
しばらく観察していると、品揃え品目数は少ない小型店ですが、お客の殆どは、じっくり時間をかけて売り場まわり、商品をしっかり見て買い物をしています。

この店の店長は、自店が求める顧客を理解していませんでした。
NBのインスタントラーメンなどの安売りなど、競合店と同じことを遣っていました。
自店が『来てほしいターゲット顧客』が、誰かを明確に理解していませんでした。


「自分たちがしたいこと」ではなく、「お客がしてもらいたいこと」をすることが、ビジネスを成功させるための基本です。
そのことに集中すれば、バイイングも売場づくりも、新しいサービスのアイデアも、無駄のない行動になってきます。
そして、日々遣ったことの効果測定も意味を持ってきます。

何といっても、『楽しい仕事』をして、『楽しい時間』を過ごすことになります。
その行動が、高い生産性を実現することになるのです。

資本力がない会社は、
『価格競争』を考えるのではなく、『価値競争』に視点を置くべきです。
自店しか遣れないことは、山ほどあります。

コンセプト、営業戦略、そして、実現のための取るべき行動を明確にしましょう。

この記事を書いたプロ

新谷千里

高利益を出すスーパーマーケットにするコンサルタント

新谷千里(有限会社サミットリテイリングセンター)

Share
関連するコラム

新谷千里プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
06-6654-6640

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

新谷千里

有限会社サミットリテイリングセンター

担当新谷千里(しんがいちさと)

地図・アクセス

新谷千里のソーシャルメディア

facebook
Facebook