まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
福味健治

建築主の思いを形にする注文住宅のプロ

福味健治(ふくみけんじ)

岡田一級建築士事務所

コラム

賢いビルダーの選び方

【賢い家造り】

2018年3月29日

ビルダー選びは相性選び


建築は人の手が基本となる手作り感のある作業です。
工務店やハウスメーカーの様なビルダー選びも、それと良く似ていて建築主とビルダーさんの相性が合うかどうかが建築の出来不出来に結構左右します。

人から勧められるのも良いですが、勧めた人と相性が合うからと云ってご自分と合うかどうかは判りません。
冷たい言い方になりますが、ご自分でこれはと思う、ビルダーさんを探し出してメールで問い合わせるのが一番確実なのです。
初めに「ただ今家造りの勉強をしています」とことわっておけば、複数者に問い合わせしても構いません。比較出来て初めて相性が合うかどうか判断出来るのです。

執拗に営業を繰り返すビルダーさんは、選択肢から外すべきです。評判の良い工務店は営業しなくてもお客さんの方から問い合わせが入ってきます。執拗な営業は、仕事が無いか利益優先で営業マンに厳しいノルマを課している会社と判断した方が素直です。

どちらかと言えば忙しそうで、面談も向こうから時間の指定をしてくる様なビルダーさんが経験的に良い工務店さんであることが多いです。

ビルダーの見分け方

話しをしていれば相性が合うか・話し易いか・押し付けてくるのか・聞いてくれるのか・と云ったところをチェックすればご自身で選ぶ事が出来るかと思います。

話しの聞き方ですが、相手が年配の方で押し付けてくる人。若い方で良く聞いてくれる人は注意します。
年配の押し付けるタイプの人は、失敗の無い家造りを目指している方に多いのですが、逆にいえば没個性な誰の家を建てる時も同じパターンで、建売住宅とあまり代わり映えがしない、平凡な家になってしまう恐れがあります。
若くて話しをよく聞いてくれるタイプの人は、こちらの希望を素直に理解してくれますが、どちらかと言えば、経験不足で大きな失敗を起してしまう恐れがあります。

競争見積もりの大切さ


工事をお願いする前に、必ず競争見積もりをしましょう。一社だけでは高いのか安いのか分かりません。また、ビルダーの提案を聞くだけでは、比較のしようがありません。A社は地震に強いけどB社は省エネ性能が良い・・・・では比較のしようがありません。自分で、間取りを決めて、地震については耐震等級3で省エネ性能については温熱等級4でと、具体的に要望を出して比較しないと比べようがありません。
家の基本性能はどれくらいのモノが欲しいのか、同じ比較基準を設ける事が大事なのです。その同一条件の元で初めて安いか高いかが比較できるのです。
同一条件を作成する事を基本設計と云い、設計事務所が建築主にヒアリングを行って作成するものです。

ビルダーや設計事務所との縁結びサイト

http://www.green-h.org/green_house/
↑このサイトは人と人を結びつける縁結びサイトです。ご利用になられては如何でしょう。

福味 健治 のコラムをお読みくださり有難うございました

家の事が気になっても、どうして良いか判らない貴方の為に私はここにいます。お気軽に問合せ下さい。
↓こちらもお読み下さい

[地震対策 http://www.green-h.org/oadon/jisin.html]]

[[省エネ対策 http://www.green-h.org/oadon/syouene.html]

この記事を書いたプロ

福味健治

福味健治(ふくみけんじ)

福味健治プロのその他のコンテンツ

Share

福味健治のソーシャルメディア

youtube
福味 健治のYouTube
2018-09-05
google-plus
Google+
facebook
Facebook