まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ岡山
宮本裕文

不動産コンサルタントのプロ

宮本裕文(みやもとひろふみ)

有限会社富商不動産販売

お電話での
お問い合わせ
086-253-1217

コラム

定期借家制度と特則。そして、契約書の作成。

不動産は奥深い。

2016年2月2日 / 2018年8月17日更新

定期借家制度とは。


① 定期借家制度とは。
・建物の賃貸借契約は、従前は、特別な場合を除き、契約期間が満了しても更新
できる契約しか認められていませんでした。(これを普通借家契約と言います。)

しかし、時代の流れに伴い、不動産をめぐる市場の状況やライフスタイルの多様化や、
貸主保護の観点から、契約期間が満了すれば契約は終了し、更新のない契約が
求められるようになりました。

そこで、期間満了により契約は終了し、契約の更新がない契約形態である「定期
借家契約」が、平成12年3月施行の改正借地借家法で導入されました。

② 定期借家契約に係る特則。
・定期借家契約は、普通借家契約と比べて、次のような内容・手続き面で異なる
取扱いがなされます。

イ.契約締結の説明
ロ.契約書の作成
ハ.契約期間
ニ.賃料増減請求権の排除
ホ.中途解約の特例
ヘ.契約終了の手続き
ト.再契約

今回は、ロ.契約書の作成についてお話します。
・よく質問される内容ですが、定期借家契約は「公正証書」で契約しないといけない
のか?

定期借家契約は、「公正証書等書面で」契約しなければなりません。(借地借家法
38条1項)あくまでも「公正証書等の書面」ですから、必ず公正証書で契約を締結
する必要はありません。

(公正証書は例示としてあげられているだけですので、公正証書によらなくとも、一般の
書面による契約であれば、定期借家契約を締結できます。)

当事者間で取り交わす書面でもかまいませんが、その書面には、当該契約が定期
借家契約であること、また契約期間満了により契約は終了し、更新がないことを明確
にしておく必要があります。

*定期借家契約は、「更新」という概念はなく、継続の場合は「再契約」として取扱い
されます。

定期借家契約の再契約。


○随時、不動産相談の受付をしています。 メールでの受付は
○メールでのご相談もお受けしています。  メールでの相談は
料金表
セミナー

この記事を書いたプロ

宮本裕文

宮本裕文(みやもとひろふみ)

宮本裕文プロのその他のコンテンツ

Share

宮本裕文プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
086-253-1217

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮本裕文

有限会社富商不動産販売

担当宮本裕文(みやもとひろふみ)

地図・アクセス