まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神奈川
小黒健二

足の健康を守る“足と靴のアドバイザー”

小黒健二(おぐろけんじ)

有限会社ロビンフット

お電話での
お問い合わせ
045-989-4807

コラム

足のトラブルの原因とその対処

足と靴

2017年11月21日

・外反母趾
女性に多い外反母趾。


その原因は足指が踏ん張るための筋力が低下して、親指と小指の付け根を結ぶ線上に形成されていた足の横アーチが潰れて扁平になり、足の横幅が広がる「開張足」になっていく事から始まります。
足の横幅は広がり続けるのに、逆に指先はスリムなデザインの靴先で窄められ続けると、親指のつけ根の関節が「くの字」のように曲がって変形して、外反母趾になってしまうのです。

足指が踏ん張る筋力を取り戻すには、指先が自由に動ける環境を整え、歩く事が運動となって筋力を鍛錬する事が重要です。
当相談室では、潰れた足の横アーチをサポートして、靴の中でも指先が自由に動ける環境をオリジナル健康靴で整え、外反母趾の原因である「開張足」を改善するお手伝いをしています。

・扁平足


足の土踏まずが潰れて扁平になる扁平足。
足が持っているアーチ構造の伸び縮みによる板バネのようなクッション機能が機能しなくなる扁平足は、足が荷重の負荷や地面からの衝撃を吸収分散出来なくなると共に、足や脚の血液循環が悪くなって足が重く感じたり、すぐに疲れるという症状が生じ易くなります。
また、足裏のアーチ構造が潰れる事により、足裏全体が靴底に押し付けられるので、靴の幅や履き口が荷重の負担で変形し易くなり、靴がすぐに傷んでしまう事もあります。

当相談室では、足裏の土踏まずのアーチ構造を支えてサポートする事で、足の持つクッション機能の活性化を促すと共に、足全体のバランスを整えるオリジナル健康靴を提供して、歩いて足の運動を高める筋力に訴えかけ、「扁平足」を改善するお手伝いをしています。

・足裏の痛み


足の横アーチの低下による足裏の足指の付け根の骨の周辺が痛くなる「中足骨骨頭部痛」や足裏の足底腱膜や腱膜と踵の骨との付着部が炎症を起こして痛くなる「足底筋膜炎」。
足の横アーチ構造の維持が出来なくなって、足指の付け根の骨に負担が掛かって痛くなったり、角質やタコや魚の目が出来たり、柔軟性を失った足底腱膜に牽引する力が掛かかり続け、組織に細かな裂傷や腱との付着部の骨を変形させて痛みを生じる足のトラブルです。

当相談室では、足裏の横アーチ構造や土踏まずのアーチ構造を支えてサポートする事で、足指の付け根の骨や足底腱膜への負担を軽減して痛みを解消するためのオリジナル健康靴を提供しています。

その他にも膝の痛みやリウマチによる足のトラブルや変形性股関節症の方の歩行をサポートするオリジナル健康靴の提供もしています。
また、スポーツをされる方や職域シューズを指定されている方にはオーダーインソールの提供もしています。


コラム一覧 http://mbp-kanagawa.com/robinfoot/column/
「足と靴の相談室」ロビンフット長津田 http://www.robinfoot.co.jp/
yahoo知恵袋 http://chiebukuro.yahoo.co.jp/my/yc_fhviq
JIJICO記事一覧 http://jijico.mbp-japan.com/author/ogurokenji
Twitter https://twitter.com/RobinFootOguro
Facebook https://www.facebook.com/robinfoot.nagatsuta.home/
youtube https://www.youtube.com/channel/UC1XqTDECXxpVF1oI4rNwjsg

この記事を書いたプロ

小黒健二

小黒健二(おぐろけんじ)

小黒健二プロのその他のコンテンツ

Share

小黒健二プロのその他のコンテンツ