まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神奈川
小黒健二

足の健康を守る“足と靴のアドバイザー”

小黒健二(おぐろけんじ)

有限会社ロビンフット

お電話での
お問い合わせ
045-989-4807

コラム

リウマチ足 その2

リウマチ足

2015年2月26日

リウマチ足の方は足の関節の変形や痛みから逃れようと、幅やサイズが大きい柔らかい靴や、脱ぎ履きの簡単な靴を選んでしまいます。

短期的にはそれで痛みが軽減する事もありますが、荷重を掛けられた足の関節が柔らかい靴によって不安定になると、逆に関節への負担がより大きくなり、変形の度合や痛みが強くなるケースが多いのです。

痛みや変形の原因が関節への不安定な負荷が掛かり続ける事にあるのですから、足が体の土台として安定する事が重要なのです。
健康靴は土台としての足を安定して支える事が大きな使命になりますので、靴底や足の基本的な骨格を安定して支えるためのアッパーが部分的に堅牢に作られています。
インソールは足骨格を支える部分と除圧するクッション部分の役割分担を一人ひとりの足の特徴によってカスタマイズします。

関節が安定し、除圧部分が適正であれば、痛みが軽減して体全体が安定します。
歩く苦痛が和らげば、歩く意欲が湧いてきます。
健康靴はウォーキングという基本的な運動を支え、リハビリの道具としての役割も担うのです。

つづく

「足と靴の相談室」ロビンフット長津田 http://www.robinfoot.co.jp/
Twitter https://twitter.com/RobinFootOguro

この記事を書いたプロ

小黒健二

小黒健二(おぐろけんじ)

小黒健二プロのその他のコンテンツ

Share

小黒健二プロのその他のコンテンツ