まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神奈川
小黒健二

足の健康を守る“足と靴のアドバイザー”

小黒健二(おぐろけんじ)

有限会社ロビンフット

お電話での
お問い合わせ
045-989-4807

コラム

足底筋膜炎(そくていきんまくえん)でお困りの女性

足と靴

2011年10月20日 / 2014年7月17日更新

足の縦アーチを支える筋力が低下すると、自分自身の体重による負荷がアーチを押しつぶし、足底筋膜炎(そくていきんまくえん)や踵骨棘(しょうこつきょく)を生じます。
また逆に、縦アーチを支える筋力が強すぎて、アーチの柔軟な伸び縮みが出来ないタイプの方にも、足底筋膜炎や踵骨棘が生じる可能性が高いようです。

今日ご来店頂いた女性も、整形外科で足底筋膜炎と診断されたそうです。
ところが、履いている靴を見ると、底が薄くつま先のシャープな、いかにも柔らかそうなローファータイプのお洒落靴でした。
「朝、起きての第一歩がとても痛くて辛いんです。」と女性。
「そうですね。寝起きは血行不足のせいで筋が強張っていますので、体重を掛けると筋が突っ張って痛いんですよ。」と私。
「ああ、そういう訳だったんですか・・・。」と女性。
「それよりも、今履いていらっしゃるような靴は、足底筋膜炎にとって良くないタイプの靴なので、出来れば履かない方が良いですよ。」とアドバイスする私。
「ええっ、そうなんですか? じゃあ、いったいどんな靴だったら良いんですか?」と女性。

そこで、カッタータイプのストラップベルト付きの健康靴をお見せしました。
「この靴は靴底もしっかり堅牢に出来ていますので、フットベッドインソールと共に足のアーチを体重の負荷から支えてサポートします。」と説明する私。
とにかく、試しに履いていただくことにしました。
「いかがですか?」と尋ねる私。
「ちょっと堅い感じがしたけど、履くとそんなことはなくて、足が軽く感じますね。足の裏も痛くないみたい・・・。」と女性。
「足が痛いとクッションの良い靴や柔らかい靴を選びがちですけど、体重の負荷から足を支えて痛みを軽減するという発想が出来ないんですね。」と私。
「そんな事、思ってもみなかったです・・・。」と女性。

こうしてサポートを加工した健康靴に履き替えて、この女性は足取りも軽く、お帰りになりました。

「足と靴の相談室」ロビンフット長津田 http://www.robinfoot.co.jp/

この記事を書いたプロ

小黒健二

小黒健二(おぐろけんじ)

小黒健二プロのその他のコンテンツ

Share

小黒健二プロのその他のコンテンツ