まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神戸
うまさきせつこ

ボディコントロールのプロ

うまさきせつこ(うまさきせつこ)

うまさきせつこモダンバレエ研究所

コラム

肩甲骨の位置、脇の引き込み

ボディコントロール

2014年12月13日 / 2018年8月18日更新

肩甲骨の位置、脇の引き込み



昨日のコラム肩甲骨の位置を維持する意識
は、腕を上にあげているが
手を前に出したり、床に付いたりすると、
写真のように、腕の方にポイントがずれ、肩は腕に連れて行かれてしまい
ここで言えば背骨が一番高い位置にある、という状態になってしまう。

立っていればお腹の意識も抜けた状態になりやすい。



腕で体を支える意識でなく
肩甲骨を昨日の写真のように位置を留め、腰の方に引き寄せながら
脇を引き込んで、肩甲骨のラインと同じ位置に並ぶようにした。
腕で支えていたのが、体幹から腕が出る形になり
脇が広がって、肩甲骨は腰方向に軽く引っ張られて、上がらずに位置を留めている。

この使い方は
肩甲骨から肘を引き離し体幹からつながる腕
の動画をご参考に。

壁に両手をつき、肩甲骨を回し下げた状態で脇を後ろに引いた感覚を
じっくり体に覚えこませてみよう。
この感覚がイメージできるようになると
体幹全体の意識を覚える足掛かりになる。

前屈でも側屈でも上体反らしでも
この意識が大きな助けになる。

この記事を書いたプロ

うまさきせつこ

うまさきせつこ(うまさきせつこ)

うまさきせつこプロのその他のコンテンツ

Share

うまさきせつこプロのその他のコンテンツ