まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
福味健治

建築主の思いを形にする注文住宅のプロ

福味健治(ふくみけんじ)

岡田一級建築士事務所

コラム

週末住宅の発想

【ローコスト住宅】

2012年2月12日 / 2014年5月23日更新



仕事に追われるウィークデイは都心の賃貸マンションに暮らし、週末に通勤圏としては無理がある程度の近郊に住むと云う人が増えています。安い値段で広い土地を手に入れる事が出来て、自然を満喫できるからです。気になるのが建設資金ですが、500万円もあれば可能です。

阪神大震災の復興住宅を数棟手掛け、最低金額は350万円でした。その際はエコンハウスに水廻りのユニットを入れただけのものでした。ここ数年はお邪魔していませんが、建替えたとの話しも聞いていませんので、まだそこに住まわれているかと思います。

既成概念に囚われず、建築基準法に抵触しない限り何をしても自由だ、と云うくらい発想を飛躍させることです。
20坪として500万円ならば25万/坪あります。3万/坪でも雨露をしのぐ程度であれば可能です。コールマンのテントの様な家のイメージになりますが・・・テントを二重にすれば驚くほど断熱効果が上がります。空気の熱伝導率は0.025程度と断熱材と変りません。気密性を上げてやればテントでも快適です。そういう視点から発想すれば、500万円でも贅沢な家を造ることが可能です。



福味 健治 のコラムをお読みくださり有難うございました

家の事が気になっても、どうして良いか判らない貴方の為に私はここにいます。お気軽に問合せ下さい。
↓こちらもお読み下さい

[地震対策 http://www.green-h.org/oadon/jisin.html]]

[[省エネ対策 http://www.green-h.org/oadon/syouene.html]

この記事を書いたプロ

福味健治

福味健治(ふくみけんじ)

福味健治プロのその他のコンテンツ

Share

福味健治のソーシャルメディア

youtube
福味 健治のYouTube
2018-09-05
google-plus
Google+
facebook
Facebook