まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
神野沙樹

「活き生き組織」をともに作るプロ

神野沙樹(かみのさき)

株式会社Niesul(KES社労士事務所併設)

神野沙樹プロのコラム一覧

 前向きな模範的な意見に騙されないで!本当にその意見は本心? 会議やプロジェクトに集まる皆さんは、会社員です。出来ることならば、居心地よく働きたいもの。話し合いが始まった初めから「反対意見を真っ向からぶつけてやる!」というケースは稀でしょう。ですから、会議や新プロ...

 人は自分が納得したことしか行動しない~  「なぜ納得しないか」を知ることの重要性 (4)社内の「現状」を把握するでも触れたように、働き方改革の肝と言っても過言ではないのが、「意識」です。人は「自分が納得したこと」「これをした方が良いと思ったこと」しか、行動しません。...

 解決策の立案をするまえに「課題整理」が大切である理由 課題の洗い出し、課題図書、課題解決……「課題」という言葉は様々な場面で登場しますが、どちらかというと「やらなければならないこと」とネガティブに捉えることの方が多いかもしれませんが、なぜ「課題」を認識することが大...

 研修では使えるけれど  会議・ミーティングでは使いにくいアイスブレイク 最初の緊張感をほぐす方法の一つで、「アイスブレイク」と言われるものがあります。アイスブレイクは、直訳すると、氷を割る(壊す)ということ。つまり、張りつめた緊張を壊すワークという意味で、暖機運転と...

 社内の現状把握①「経営数字」を把握する 経営数字とは、いわゆる「決算書」です。売上はもちろんのこと、売上総利益、経常利益など。何のために把握が必要かというと、労働分配率と生産性を調べるためです。労働分配率は、簡単に言うと「粗利のうち、どのくらいを人件費に使ってます...

 レイアウト(座席配置)を考えるときの3つのポイント  【進行役視点・参加者視点】 みなさんも、様々な会議やミーティング、セミナーに参加される機会があると思いますが、どのようなレイアウトをご存知でしょうか。社内での会議は特にレイアウトを固定しがちですが、配置を変える...

 議題の共有をしない会議は、糸の切れた凧と同じ みなさん、「会議の大テーマ(○○について話し合う)」は知っているけれど、その進行順は「進行役のみぞ知る」という会議に出席されたことはありませんか。これまでのコラムで、会議でもミーティングでも、①目的の共有、②目標の共有、③方...

 2018年8月2日、弊社主催のセミナーが開催されました  【120分で誰でもわかる「超簡単!働き方改革」セミナー】 今、話題の「働き方改革」ということで、経営者様から人事労務の担当者様まで、幅広いお客様にお越しいただきました。・最近よく聞く「働き方改革って、そもそも何??」...

 会議の目的地にたどり着くには、どんな方法で行きますか? 前回までのコラムでは、社内会議やプロジェクトミーティングをする際、まず共有すべきなのは「目的・目標・方法」であり、どのように目的を共有すべきかに触れてきました。(リンク:社内会議・プロジェクト開始時に共有すべき...

 先の見えない話合いの原因は  「○○」を共有していないことにあった 2時間真剣に話し合っても何となく疲れただけ…毎回集まっているミーティング。惰性でやっているので時間の無駄にしか感じない…みなさん、一度や二度はそんな体験をしたことがあるのではないでしょうか。...

 習慣化してしまおう!  会議・プロジェクトが活性化するための「目的・目標・方法」 みなさんの会社では、会議やプロジェクトが始まる時、どんなことを話してから議題に入りますか?挨拶?最近あったことの雑談?トップからの話?もちろん、挨拶などは必要ですが、議題...

 職位、勤続年数…どんな人をメンバーに選べば良いの?  ここをチェック!メンバーの属性 プロジェクトメンバーの行く末を左右するといっても過言ではない「メンバー選定」。社内でプロジェクトを立ち上げるときに、どんなメンバーを何人くらい選ぶと良いのでしょうか。まず...

 「懲戒規定」において一般的に書いてある内容とは みなさんの会社の「懲戒規定」には、どんな内容が記されていますか?また、懲戒規定と聞いてどんな内容を思い浮かべるでしょうか。厚生労働省や一般的にインターネットに出ている就業規則のひな型では、次のような内容...

 「服務規律」において一般的に書いてある内容とは 就業規則の中で必ず出てくる「服務規律(規定)」。そもそも「服務」とは何でしょうか。辞書によると、「職務・任務に服すること」。どちらかというと、“社員が会社に服従する”といった意味合いが含まれています。厚生...

 「総則」において一般的に書いてある内容とは 一般的に就業規則は、目次をはさんで「総則」からスタートします。そもそも「総則」とは何でしょうか。辞書によると、「全体を通じて適用するきまり」「全体に適用する包括的な規定」とあります。具体的にどんなことが書いて...

神野沙樹プロのその他のコンテンツ

Share

神野沙樹のソーシャルメディア

rss
ブログ
2018-09-23