まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
神野沙樹

「活き生き組織」をともに作るプロ

神野沙樹(かみのさき)

株式会社Niesul(KES社労士事務所併設)

神野沙樹プロのコラム一覧:いきいき職場づくり(組織活性)

 2018年8月2日、弊社主催のセミナーが開催されました  【120分で誰でもわかる「超簡単!働き方改革」セミナー】 今、話題の「働き方改革」ということで、経営者様から人事労務の担当者様まで、幅広いお客様にお越しいただきました。・最近よく聞く「働き方改革って、そもそも何??」...

 個人事業主、ノマドワーカー、副業  パラレルキャリア、シームレス…これってどんな意味? いまの時代、様々な働き方が登場しています。その時代々々で言葉が生み出されているので、明確な区切りがあるわけではなく、重なり合う内容も多いです。まず、それぞれがどのよ...

 36協定(時間外労働・休日労働に関する労使協定)  設定する「時間数」について 2018年6月、働き方改革法案が成立しました。2019年4月(中小企業は2020年4月)から改正される内容を見ていきましょう。(参考)ウチの会社は中小企業?それとも大企業?まず、36協定で定...

 ウチの会社は中小企業?大企業?  ~見極める基準は「業種」と「資本金」と「従業員数」 2018年6月、働き方改革法案が成立しました。3分で分かる「働き方改革」解説(社内で実践!働き方改革20のステップ(1)知る~3分で分かる働き方改革解説 )でも取り上げたとおり、以...

 実は古い歴史がある!?「多様な働き方」(ダイバーシティ)とは ダイバーシティとは「多様性」と訳されます。多様性とは、「性質の異なるものが存在すること」。「みんなちがって、みんないい」そんな、有名な詩人である金子みすゞさんの詩の中に出てくる言葉がぴったりでは...

 なぜ、急に「働き方」について注目するようになったのか? まず、働き方改革が騒がれ始めた「理由」から見ていきましょう。あれこれ言われていますが、シンプルに説明すると、次の2つが大きな理由です。1.世界(国連)から「日本は働き過ぎ!」「過労死やハラスメントで...

「女性だから腹を割って話せない」「男性と違って扱いづらい」―――「男女平等」や「女性活躍」と言われている今でも、こう言った話を聴くことも少なくない、今日この頃。さて、どう対応すればよいのでしょうか。経営者、上司、先輩社員、同僚の方は心の奥では理解されていると思います。...

 「やるきスイッチを引き出す活き生き女性活用術」 はじめに なぜ女性活躍が大切なのか      ~女性の権利を確保しましょうと言う話ではないんです!1.「女性対応力」チェックテスト2.こんなに違う?女性と男性の感覚3.こんな時どう対応する?ケーススタディ...

厚生労働省労働省では、次世代育成支援対策推進法(次世代法)に基づき「一般事業主行動計画」の策定・届出等をし、当該計画の目標を達成したことなど、一定の基準を満たした企業を認定しています。この認定を受けた企業数は年々増加しています。※ 一般事業主行動計画とは…平成17年4月に施行さ...

神野沙樹プロのその他のコンテンツ

Share