マイベストプロ大阪
神野沙樹

「活き生き組織」をともに作る社会保険労務士

神野沙樹(かみのさき) / 社会保険労務士

株式会社Niesul(ニースル社労士事務所併設)

コラム一覧:助成金に関すること

RSS

「特定就職困難者雇用開発助成金」の雇入れ対象者が拡大されました。

2013-03-06

高年齢者、障害者、母子家庭の母など就職が特に困難な人を、ハローワーク等の紹介により、継続して雇用する労働者(雇用保険の一般被保険者)として雇い入れる事業主に対して、助成金を支給する「特定就職困難者...

非正規労働者の人材育成の奨励金について

人材育成を行う事業主の皆さまは注目です! 厚生労働省は1月23日、重点分野等(健康、環境、農林漁業等)の事業主が行う非正規雇用労働者の人材育成に係る奨励金の創設について発表しました。 日本再生人財...

受動喫煙防止の助成金について

2012-12-12

 受動喫煙防止対策助成金制度について説明します。この助成金は、顧客が喫煙できることをサービスに含めて提供している旅館、料理店又は飲食店を営む中小企業に対し、喫煙室や換気装置の設置等の設置等の取組に...

定年引上げについて法律の改正

2012-10-17

◇◇◇定年の引上げについて◇◇◇働いている人が望めば60歳以降も働き続けられる制度を会社が作ることが法律で決まりました。 【継続雇用制度】1~3のいずれかで60歳以降の雇用を確保します。1.定年を引き上げ...

「子育て期短時間勤務支援助成金」が改正されます

2012-09-11

子育て期における短時間勤務制度を導入し、労働者にこの制度を利用させた事業主には、「子育て期短時間勤務支援助成金」が支給されます。 この「子育て期短時間勤務支援助成金」が、本年7月より一部改訂されま...

この専門家が書いたJIJICO記事

小泉進次郎大臣の育児休業で、企業や家庭など男性を取り巻く環境は変わるのか?

小泉進次郎大臣の育児休業で、企業や家庭など男性を取り巻く環境は変わるのか?

小泉進次郎環境大臣に第一子が誕生。出産前には、以前から検討していた育児休業を取得することを表明していました。日本では、なぜ男性の家事・育児参加が特別なことのように捉えられるのでしょうか。社会保険労務士の神野沙樹さんに聞きました。

「生理バッジ」導入の百貨店に賛否 「生理をオープン」にすることは働きやすさにつながる?

「生理バッジ」導入の百貨店に賛否 「生理をオープン」にすることは働きやすさにつながる?

2019-12-05

働き方改革

大手百貨店で導入された女性の販売員が生理中であることを示す「生理バッジ」。多くの批判を受け、取りやめを決定しました。女性が働く環境づくりにおいて、どんな効果があるのでしょうか。社会保険労務士の神野沙樹さんに聞きました。

使い切れなかった有給休暇を会社に買い取ってもらうことは可能か?

使い切れなかった有給休暇を会社に買い取ってもらうことは可能か?

2017-07-18

働き方改革

働き始めると一度は意識したことがあるであろう「有給休暇」。有給休暇をすべて取得できる職場もあれば、全く取れない職場もあるという現実のなか、「有給休暇を使いきれなかったので、その分お金をください」ということは認められるのでしょうか。

企業の社内イベントが再び注目を浴びるワケ

企業の社内イベントが再び注目を浴びるワケ

2017-05-30

実は近年、社内イベントが注目を浴びていることをご存知でしょうか。なぜ、いま、この時代に社内イベントが注目されるのか。その要因を探るとともに、一過性で終わらせないためのポイントをご紹介します。

仕事と家族介護の両立に向けた5つのステップ

仕事と家族介護の両立に向けた5つのステップ

2017-03-31

間違いなく中期で経営課題となってくるであろう「仕事と介護との両立」。分かってはいてもなかなか何から手を付けるべきなのかと躊躇してしまうこの課題。実のある制度設計をするための5ステップを紹介します。

再び注目 職場での「飲みニケーション」 その効果とは?

再び注目 職場での「飲みニケーション」 その効果とは?

2016-12-13

少し懐かしい響きがする「飲みニケーション」が復活の兆しを見せていることをご存知でしょうか。職場とプライベートを切り分けて考える価値観が増える中、社内でうまく機能させるたった1つのコツをお伝えします。

保育所・幼稚園の第2子無料化で少子化は止められるか?

保育所・幼稚園の第2子無料化で少子化は止められるか?

2016-09-27

第2子であれば保育園や幼稚園にかかる費用が無料になる、という制度を取っている自治体が増えています。しかし、いくら無料にしても子どもを増やす動機づけがなければ、少子化は止められないのではないでしょうか?

育児をする女性だけが擁護される時代はおかしい?

育児をする女性だけが擁護される時代はおかしい?

2016-03-20

子育てをしながら働く女性と、そのフォローを求められる同僚社員。いま、両社の間にはかつてなく深い溝が。お互いが思いやりをもてる環境作りが重要と専門家。

神野沙樹プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
06-6536-2207

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

神野沙樹

株式会社Niesul(ニースル社労士事務所併設)

担当神野沙樹(かみのさき)

地図・アクセス

神野沙樹のソーシャルメディア

rss
ブログ
2020-02-21