まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ宮城
村山るり子

心を育てる、人材育成のプロ

村山るり子(むらやまるりこ)

ハート栽培

コラム

4Sはビジネスの上では常識 ー 人を育てるリーダーシップ ー

接遇/人材育成

2014年8月8日

暦の上では '' 立秋 ,,が訪れました!そろそろ虫の声も変わってくるでしょうね!
それでは、昨日のコラムにて「4S」のことをお届けいたします。

敬語を正しく使えないとレベル以下

敬語は、日本の社会においては正しく使えないと、人間として平均レベル以下とみなされるおそれがある
お客様や上司に敬語を使えないようではビジネスマン、ビジネスウーマンは失格である。
敬語はどんな偉い人とも対等に話すことのできる『脚立』のようなものだとわたくしは学んだ。

高いところに立って人と対等の位置につくための踏み台といってもいい。
一つの社会的な用具であるが、『心に相手を敬い』尊重する気持ちがない限り、うわべだけになる。
その敬語も、たんたんと話すと冷めたようにも感じ『気持ちがない』とすぐ見破れる。
うわべだけになると敬語も、逆にこわいものに変化してしまいます。
さて…4Sとは

4Sはビジネスにおいては常識


4Sはビジネスの常識としての仕事上のしつけである。
4Sとは、整理・整頓・清掃・清潔の頭文字をとったものである。これに '' しつけ ,, を加えると5Sになり
しっかり(歯止め)を入れると6S、安全のSafetyを入れると7Sになったりする。

整理は不要なものを処分すること、整頓は必要なものを'' すぐ取り出せる ,,ようにきちんと物を配置することで、この二つは『能率の基本』といわれている。
清掃・清潔は改めて説明するまでもないが『品質の基本』である。
半導体などの精密工場は、空気や水のクリーン管理が決定的に重要ですし、商店もクリーンネスが売り上げを左右する。

'' しつけは人間関係の基本なのである ,,

どうぞこちらもご覧下さいね!
↓↓
瑠璃子の部屋
悩んだら学ぶ!やらずにして結果は出ませんね!
では、本日も読んでいただきありがとうございます。

この記事を書いたプロ

村山るり子

村山るり子(むらやまるりこ)

村山るり子プロのその他のコンテンツ

Share

村山るり子のソーシャルメディア

facebook
Facebook