まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
笠中晴司

交通事故のトラブルを解決に導く法律のプロ

笠中晴司(かさなかせいじ)

丹波橋法律事務所

コラム

症状固定とは(4)

交通事故理論

2016年4月6日

3 「症状固定」に関するよくある誤解

(1)「症状固定」をした後は,治療をしてはいけない? (違います)

損害賠償関係の解決のため「症状固定」をある時期に決した後でも,治療を継続するのは,被害者である患者さんの自由です。
よって,お医者さんと相談のうえ,最善のことをされればよいということになります。

ただ,一方で,「症状固定」の時期以降の治療費は,原則として損害に認定されません。
つまり,「治療」というのは,症状の良化のために行うものであるという前提から,「症状」が「固定」してからの「治療」は意味がないと考えられるからです。

(2)症状固定は,できるだけ遅くするほうが有利? (ケースバイケースです)

前回までにご説明した,損害賠償の計算のところからわかるように,症状固定をする前の損害は,症状固定の時期を遅らせば遅らせるほど,増加すると考えるのが,自然です。

そういう意味では,症状固定はできるだけ遅くするほうが,「治療費が認められる」という点からしても,有利とも考えられます。

しかし,そのように単純にはいかない場合もあります。

つまり,すでに説明しましたとおり,交通事故の損害には,「症状固定」前の損害と「症状固定」後の損害があります。

とすると,「症状固定」後の損害額は,症状固定を遅らせて回復がより進んだ結果,後遺障害として認められる可能性が減少したり,また,後遺障害が認められたとしても,その等級が,低くなる可能性があるということです(その分,後遺障害部分として,認定される損害が大きく減る可能性があるということです)。

すなわち,「症状固定」後も,例えば自己負担で治療を継続した結果,症状が良化した部分は,損害賠償関係の解決では,原則としてあまり考慮されず,まだ悪い状態の「症状固定」の時期の状態で,「後遺障害」があるのかないのか,あるとして,「〇〇級」なのかということが判断される場合が多いのです。

結果,「症状固定」の時期を基準に,重い「後遺障害」を前提にして,損害賠償を多く受けられたが,その後,重い「後遺障害」は良化してしまったという,ある意味,幸運なケースもありうるのです(そのような場合でも,一旦解決した,損害賠償関係で,受領した賠償金の返還を求められることはありません)。

さらに,「症状固定」前の損害は,特に,慰謝料を中心として,ある時期を境に,あまり時期が長くなっても,増加する比率が極端に減っていきます。
つまり事故後,半年までは,慰謝料の金額は,かなりのペースで増額されていきますが,その後,徐々に増額されるペースが減り,1年を過ぎると,極端に増額されるペースが減ります。

一方で,後遺障害による損害の金額は,その等級認定が,1級異なるだけで,慰謝料だけでも100万円程度,逸失利益も含めれば,さらに,その倍か,それ以上くらい,異なってくる,ということから発生します。

という意味で,実は,「症状固定」の時期をあまり遅らせず,早い目に「症状固定」としてしまい,その時点で残っている症状につき,「後遺障害」の有無と等級を判断してもらったほうが,結果的に相手から受けられる損害賠償額が増えるというケースもあるのです。

こうなると,とても,難しいですよね。

そこに,弁護士に相談するメリットがあるのです。

最後に,全くの宣伝になってしまい,すみません。

================================
交通事故の話題を中心に多数のコラムを書いています。
過去のコラムは,こちらから見ていただくのが便利ですので,よろしくお願いいたします。
http://mbp-kyoto.com/ko2jiko/column/17895/
================================

この記事を書いたプロ

笠中晴司

笠中晴司(かさなかせいじ)

笠中晴司プロのその他のコンテンツ

Share

笠中晴司プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
075-611-3600

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

笠中晴司

丹波橋法律事務所

担当笠中晴司(かさなかせいじ)

地図・アクセス

笠中晴司プロのその他のコンテンツ