まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
笠中晴司

交通事故のトラブルを解決に導く法律のプロ

笠中晴司(かさなかせいじ)

丹波橋法律事務所

コラム

注意義務違反~予見可能性と回避義務~(3)交通事故での具体例(回避義務につき)

交通事故理論

2016年10月29日 / 2017年3月3日更新

予見可能性の説明の後は,回避義務につき,説明します。

予見可能性のところで,

「交通事故では(特に加害運転者の場合),予見可能性よりも予見義務が重視されているのでは」

という指摘をしましたが,回避義務のほうでは

「交通事故では(特に加害運転者の場合),回避可能性がある場合は,ほとんどの場合,回避義務がある」

とされる傾向があると思います。

これは,やはり,「運転者は運転免許をもって自己のために自動車という便利なもの(一方で凶器ともなりうる危険なもの)を利用しているのであるから,その分,重大な責任を負っていて当然である」という考え方から来ているのだと思います。

ただ,「回避可能性」の判断では,あくまで,「通常人(普通の人)」の「通常(普通)の運転技能」をもってしての基準で「回避が可能であったのかどうか」という判断になります。

例えば,F1ドライバーなどの卓越した運転技能を有する運転者であれば,超人的なブレーキ・ハンドル操作を駆使することで,事故が回避可能であったけれども,そうでない方であれば,回避しようがなかったというような場合は,「回避可能性がなかった」とされます。

具体例を挙げるのは,少し難しいですが,前回の予見可能性のところで言うと,衝突直前にセンターラインオーバーしてくる対向車を見つけた場合は,回避可能性はないということになると思います。

一方で,センターラインオーバーをしてきた車があったとしても,衝突までに時間がかなりあった場合は,衝突を回避できた可能性があると判断される場合もある(もちろん,相手が猛スピードで来た場合等,回避できなかったと判断される場合も多いです)と思います。

このように説明してきましたが,これを読まれてもあまりピンとこないでしょうし,私も,正直なところ,具体的な事例をお聞きしないと正確な判断はできません。

もし,ご自身が交通事故に遭われた時には,過失の有無の判断も含めて,わからないことがある場合は,弁護士にご相談ください。

ご相談いただければ,その際に,事故の状況を詳細にお聞きしたうえで,ある程度正確な判断はできると思います。

================================
交通事故の話題を中心に多数のコラムを書いています。
過去のコラムは,こちらから見ていただくのが便利ですので,よろしくお願いいたします。
http://mbp-kyoto.com/ko2jiko/column/17895/
================================

この記事を書いたプロ

笠中晴司

笠中晴司(かさなかせいじ)

笠中晴司プロのその他のコンテンツ

Share

笠中晴司プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
075-611-3600

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

笠中晴司

丹波橋法律事務所

担当笠中晴司(かさなかせいじ)

地図・アクセス

笠中晴司プロのその他のコンテンツ