まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
笠中晴司

交通事故のトラブルを解決に導く法律のプロ

笠中晴司(かさなかせいじ)

丹波橋法律事務所

コラム

交通事故の基礎知識~過失割合(1)~

交通事故理論

2016年9月10日 / 2017年3月3日更新

交通事故でよく問題になるのが,双方の過失の割合です。

「7:3」とか「5:5」とか「10:0」とかいうものです。
  
でも,その過失割合をなぜ決定する必要があるのか,そして,その意味を正確に理解されていない方も結構います。

まず,過失割合が問題とされるのは,過失割合により,相手から賠償を受ける(逆に相手に賠償しないといけない)金額が異なってくるからです。

つまり,交通事故で損害が発生した場合,その損害をどのように負担するのかという問題が発生します。

その双方の負担割合を決めるのが,「過失割合」なのです。

ですので,「過失割合」は必ず,双方あわせて100%となるように決めます。

では,具体的にはどのように配分するのでしょうか。

以下例を設定してみてみましょう。
  自身に発生した損害額  100万円
  相手に発生した損害額   30万円

(1)  自身の過失割合      30%
    相手の過失割合      70%の場合

     自身の負担する損害額
       (100万円+30万円)×0.3=39万円
     相手の負担する損害額
       (100万円+30万円)×0.7=91万円

     上記のように,過失割合に応じて,損害を負担することとなります。

     具体的にいうと,自身は39万円を持参し,相手は91万円を持参して,損害の総額である130万円
     を作る。
     そのうえで,各損害分を振り分け,自身は100万円を取得し,相手は30万円を取得する。

     ただ,これでは,手続きが回りくどいので,最初から,相殺をして解決する,つまり,
     自身が相手から61万円(100万円-39万円)をもらうだけで処理をしてしまうというのが,
     普通です。

     以上が基本の考え方です。

     ただ,上の考え方は,保険会社が入って,支払いの処理をしてくれる場合には,かえって
     わかりづらい考え方で,
     次のように考える方が,わかりやすいかと思います。

     自身が相手からもらえる賠償額
       100万円×(1-0.3)=70万円
     自身が相手に支払う賠償額
        30万円×0.3   = 9万円

     つまり,自分の過失分は,相手に対して請求できないということです。
     ですので,相手に支払う分9万円を自身の保険会社に支払ってもらえば,相手からもらえる金額は
     70万円となります。

     しかし,自身の保険を使うと,保険料がアップすることがありますので,9万円くらいだと保険を
     使わずに処理することも多いです。
     そして,その場合は,差し引きした金額61万円を相手からもらうだけで,相手には支払わない
    (保険も含めて)という処理がされます(当然ですが,上記と同じ結果です)。

(2)  自身の過失割合      50%
    相手の過失割合      50%の場合

     自身の負担する損害額
       (100万円+30万円)×0.5=65万円
     相手の負担する損害額
       (100万円+30万円)×0.5=65万円

     過失割合「5:5」のケースは,
     「過失がイーブンだから,お互いに相手の損害を支払わず,自分の損害を自分が負担するだけで
    解決できる」 とよく誤解されます。
     
     しかし,現実は,(1)の例と同じく,まず損害の合計額を出して,それを過失割合に応じて配分する
     ので,上記負担をすることとなります。
     ですので,自身も相手も65万円を持参し,130万円を作る。
     そのうえで,各損害分を振り分け,自身は100万円を取得し,相手は30万円を取得する。
     最初から,相殺をすると,自身が相手から35万円(100万円-65万円)をもらうだけで処理する
     こととなるということです。

     もし,この場合で,相手への支払い分をもし,保険を利用するとすると,次のとおりとなります。

     自身が相手からもらえる賠償額
       100万円×(1-0.5)=50万円
     自身が相手に支払う賠償額
        30万円×0.5   =15万円

過失について,だいたいご理解いただいたでしょうか。

次は,過失についての誤解される表現である「もちわかれ(自損自弁)」や「片方の損害が極端に多いケースで生じるレアケース」について説明します。

(続く)
     
   
 

================================
交通事故の話題を中心に多数のコラムを書いています。
過去のコラムは,こちらから見ていただくのが便利ですので,よろしくお願いいたします。
http://mbp-kyoto.com/ko2jiko/column/17895/
================================

この記事を書いたプロ

笠中晴司

笠中晴司(かさなかせいじ)

笠中晴司プロのその他のコンテンツ

Share

笠中晴司プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
075-611-3600

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

笠中晴司

丹波橋法律事務所

担当笠中晴司(かさなかせいじ)

地図・アクセス

笠中晴司プロのその他のコンテンツ