まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ京都
笠中晴司

交通事故のトラブルを解決に導く法律のプロ

笠中晴司(かさなかせいじ)

丹波橋法律事務所

コラム

後遺障害診断書

交通事故理論

2016年6月2日

私のコラムで何度も出ています「後遺障害診断書」。

正式には,「自動車賠償責任保険後遺障害診断書」と言います。

ただ,言葉だけではなかなかイメージと思いますので,今回は,用紙の現物を次のとおり添付してみます。

sindansyo


少し説明すると,「自動車賠償責任保険」(略して「自賠責(保険)」)は,自動車(原付バイクに至るまでの二輪も含む)を所有している限り,必ず加入しないといけない保険で,「強制保険」とも言います。

つまり,この用紙は,自賠責保険に対し,後遺障害の認定を受けるために提出する書類です。

自賠責保険で後遺障害の認定を受けるには,2種類の方法があります。

1つ目は,被害者自身が,加害者側の自賠責保険に対し,直接この用紙(この他に多数の必要書類の添付が必要)を送付して申請する方法です(「被害者請求」と言います)。

そして,もう1つは,加害者側の任意保険会社にこの用紙を提出し,その加害者側の任意保険会社を通じて,自賠責保険に対し申請してもらう方法です(この用紙だけの提出でも手続きができ,簡便なので,この方法がとられることが多い)。

上のどちらの方法をとっても,後遺障害の認定については,自賠責保険のほうで手続きを行います。

ですので,形式的には,加害者(および加害者側の任意保険会社)とは関係のない機関が審査することになり,公平性が担保されていることとなります。

ただ,私の感覚では,実際の認定は,本当に「公平である」とは言い切れず,被害者にとって不利な認定が出やすいと考えています。

そして,その理由は次の点にあると考えています。
                        記
1 自賠責保険自身も予算があり,自身の支払いを押さえたいという動機が働く。

  自賠責保険の支払いは,等級により,限度核が決まっています。
  たとえば,14級だと75万円,13級だと139万円,以下だんだんと上がっていき,一番重い等級の1級だと3000万円,さらに介護を要する後遺障害の場合は,最大で4000万円です。

  ですので,等級が上がるほど自賠責自身の支払額が上がりますので(「後遺障害なし(非該当)では支払額はゼロ」),この支払いを押さえたいという動機が働くこととなります。

2 自賠責保険を超える部分の支払いもこの認定により,大きく変わってくる。
  
  自賠責保険(強制保険)の限度額を超えて発生した損害の支払いを担保してくれるのが,任意保険会社です。
  通常の事故では,任意保険会社が加害者に変わり,被害者との対応をすることが多く,被害者の方が対応するのは多くの場合,任意保険会社です。

  そして,任意保険会社は,通常は,自賠責保険の認定に従い,後遺障害部分の損害を算定して,その支払いをすることとなります。もし,裁判になった場合でも,自賠責保険の認定を重視して,その等級に従った損害が認められるケースがほとんどです。

  たとえば,後遺障害の一番下のランクの14級でも,それだけで慰謝料が100万円程度認められます(裁判での基準)。
  さらに逸失利益も認められるケースがほとんどです。

  つまり,自賠責保険の認定により,加害者が支払う(逆に言うと,被害者が受け取る)賠償額は大きく変わってくるのです。

  とすると,支払側はどうしても,その認定に慎重にならざるほ得ないということになります。

  ここで,「自賠責保険は任意保険とは異なる第3者だから,自分のところの限度額以上は関係ないのでは」と考えられた方,とても聡明な方だと思います。

  ただ,以下の事情があり,実は大きく関係してくるのです。

3 自賠責保険は,第3者とは言っても,結局は,保険会社が組合のような形で運営している組織です。
  とすると,保険会社の意向がどうしても働きやすくなります。
  
  実際に,自賠責保険の職員さんには,保険会社のOBの方が多数いらっしゃいます。
  人間,ある一方の立場(この場合は「任意保険会社」(支払側))にいると,どうしても,自身のいる立場からの目線で判断してしまい,逆の立場からの目線が欠落しがちです。

  とすると,自賠責保険の方の目線が,「任意保険会社寄り」になることは,ある意味やむを得ないということができると思います。
                                                               以上

弁護士は,被害者の方に寄り添って,これらの「カベ」を打ち破るの力添えになることができるよう,今後とも研鑚を積んでいきたいと考えています。

================================
交通事故の話題を中心に多数のコラムを書いています。
過去のコラムは,こちらから見ていただくのが便利ですので,よろしくお願いいたします。
http://mbp-kyoto.com/ko2jiko/column/17895/
================================

この記事を書いたプロ

笠中晴司

笠中晴司(かさなかせいじ)

笠中晴司プロのその他のコンテンツ

Share

笠中晴司プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
075-611-3600

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

笠中晴司

丹波橋法律事務所

担当笠中晴司(かさなかせいじ)

地図・アクセス

笠中晴司プロのその他のコンテンツ