マイベストプロ高知
泉野晶代

コミュニケーション心理学によって、心身を健康な状態に導くプロ

泉野晶代(いずみのまさよ) / メンタルコーチ

office is. (オフィス イズ)

コラム

ポジテイブな考え方をやめてみよう

2022年10月1日

テーマ:自分を知る

コラムカテゴリ:メンタル・カウンセリング

ご存じの方も多いと思うのですが、
コップの「水が半分しかない」と思うのか
「水が半分もある」と思うのか
と、いう「コップの水理論」というものがあります。

ポジテイブに物事を捉えていくために
無いものではなく、
「在る」ものに目を向け
「水がまだ半分もある」という風に考えましょう、
というものです。

ポジテイブに物事を考えることが「大切」だと思われている方も
多いと思いますが、

本当は大変なのに、
「ポジテイブに考えよう」というのは、ちょっと危険なこともあります。

例えば、暑い日中、一日中外に出ていて、
「コップの水が半分」なら
「水が半分もある」というのは違いますよね。
しかし、薬を飲むのなら「コップの水は半分」でも十分です。

あなたの状況に応じて違ってくるのです。

あなたの性格や個性でも同じ事がいえます。
「私はダメだ」「才能がない」と思ってしまう出来事もあるかもしれません。
しかし、それはあなたの個性や状況によって変化するのです。

鈍感な人は、繊細な人と違い、相手の気持ちが分からないかもしれませんし
繊細な人は、鈍感な人と違い、いちいち相手の気持ちに振り回されてしまうかもしれません。

鈍感な人は、周りの状況に流されることなく自分の世界を大切にできますし
敏感な人は、周りの状況の空気を察知し雰囲気づくりができるのです。

適材適所ということばがありますが
無理にポジテイブにするのではなくて、
その状況で活かせることにフォーカスしていきましょう。

この記事を書いたプロ

泉野晶代

コミュニケーション心理学によって、心身を健康な状態に導くプロ

泉野晶代(office is. (オフィス イズ))

Share

関連するコラム

泉野晶代プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
0887-56-3577

 

月曜・火曜は電話対応不可

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

泉野晶代

office is. (オフィス イズ)

担当泉野晶代(いずみのまさよ)

地図・アクセス

泉野晶代のソーシャルメディア

rss
変化を楽しむ笑顔がいっぱい
2022-12-02

泉野晶代プロのコンテンツ