マイベストプロ神奈川

[企業法務]の専門家・プロ …3

神奈川県の企業法務の専門家・コンサルタント

日本各地に事務所を構える「企業法務」に関する専門家の中から、あなたにぴったりのプロをお探しいただけます。 専門家の気になるプロフィールや取材記事、経歴、サービス内容を掲載しています。

現在の検索条件

神奈川県×企業法務

フリーワードで絞込み

1~3人を表示 / 全3

伊藤康典

このプロの一番の強み
介護施設・学校での事故やトラブル解決に実績あり!

[神奈川県/企業法務]

介護施設・学校での事故やトラブル解決に力を入れる

 交通至便な関内・桜木町駅近くにオフィスを構える、横浜みなとみらい法律事務所。代表弁護士の伊藤康典さんは、多種多様な企業の法律顧問として数多くの案件を担当してきましたが、近年は特に介護施設や学校内...取材記事の続きを見る≫

職種
弁護士
専門分野
〈個人のお客様〉● 各種損害賠償請求(介護事故、学校事故、交通事故、火災事故、建築瑕疵、製造物責任...
会社/店名
横浜みなとみらい法律事務所
所在地
神奈川県横浜市中区尾上町6-83  ビッグヴァン尾上町ビル7階

南木道雄

このプロの一番の強み

[神奈川県/企業法務]

トラブルになる前に解決へと導いてくれる、安心できる弁護士

 会社や家庭において、お金にまつわるトラブルは、私たちのまわりに多種多様に存在します。特に仕事上において、社内人事や顧客との契約にかかわることなど、想像しなかった出来事が次々に起こると不安になり、...取材記事の続きを見る≫

職種
弁護士
専門分野
・企業・団体各種契約関連の締結、債権保全・回収、人事労務、倒産処理、事業継承、公開支援、会社関係...
会社/店名
南木法律事務所
所在地
神奈川県大和市大和東2丁目2-3  ライオンズビル大和301号

田沢剛

このプロの一番の強み
裁判官として数々の紛争処理を経験してきたこと

[神奈川県/企業法務]

法的トラブルを解決する身近な弁護士

 「まだまだ一般の人にとって、弁護士事務所というのは敷居が高いのかなと感じています。依頼人の悩みに同じ思いで解決にあたることで、弁護士事務所をもっと身近に感じてもらえたらいいなと思っています」 ...取材記事の続きを見る≫

職種
弁護士
専門分野
● 取り扱い案件 ・ 土地や不動産賃貸のトラブル ・ 近隣とのトラブル ・ 労働関係のトラブル ・ 離...
会社/店名
新横浜アーバン・クリエイト法律事務所
所在地
神奈川県横浜市港北区新横浜3-19-11  加瀬ビル88 803号室
LINE問合せ対応

この分野の専門家が書いたコラム

リース契約と物件受領証

リース契約と物件受領証

2020-09-01

弁護士の田沢です。 リース会社とリース契約を締結すると,サプライヤーから物件を納品されて物件に問題がないことを確認(検収)して,リース会社に対し物件受領証というものを交付します。リース会社は,その物件受領証の交付...

東京ミネルヴァ法律事務所の件

東京ミネルヴァ法律事務所の件

2020-07-08

弁護士の田沢です。 弁護士法人東京ミネルヴァ法律事務所の解散について,代表者の懺悔告白なるものが掲載されています。 決算内容を把握させてもらえないのに,どうして代表者になってしまったのかな?不可解としか言いようが...

弁護士の酒気帯び運転

弁護士の酒気帯び運転

2020-07-08

弁護士の田沢です。 神奈川県弁護士会所属の弁護士が,酒気帯び運転で現行犯逮捕されたとのこと。 https://news.yahoo.co.jp/articles/16dd2818ff4224e754b958615...

この分野の専門家が取り扱うJIJICO記事

検事長の定年延長で三権分立の理念を揺るがす問題点と検察庁法、国家公務員法の解釈

検事長の定年延長で三権分立の理念を揺るがす問題点と検察庁法、国家公務員法の解釈

2020-03-06

政府が1月31日に、東京高検検事長・黒川弘務氏(62)の定年延長を閣議決定したことが、大きな議論となっています。検察官の定年延長に至った背景や問題点について、弁護士の田沢剛さんに聞きました。

留置場からの脱走、どういう罪になる?逃げられた側の責任は?

留置場からの脱走、どういう罪になる?逃げられた側の責任は?

2018-08-16

刑法で規定されている「逃走の罪」は、いずれも故意に逃走したり、あるいは故意に逃走の手助けをした場合を罪として規定しています。なので、留置管理担当職員らの過失によって逃走事件(脱走)を招いてしまった場合、当該職員らの刑事責任を問うことは困難です。

市職員不正採用事件、「採用取り消し」処分は認められるの?過去の裁判例から考察

市職員不正採用事件、「採用取り消し」処分は認められるの?過去の裁判例から考察

2018-07-18

市職員の不正採用事件は、公務員人事の公正さといった公益と、採用を取り消された職員個人の被る不利益のいずれを重視するのかといった観点から判断されるべき問題です。先の大分県教員採用汚職事件の最高裁判決が、具体的な判断基準を示さずに異なる判断を確定させてしまった責任は、非常に重いものがあると考えます。

他の地域から企業法務の専門家を探す