マイベストプロ神奈川

[交通事故]の専門家・プロ …4

神奈川県の交通事故の専門家・コンサルタント

神奈川県に事務所を構える「交通事故」に関する専門家の中から、あなたにぴったりのプロをお探しいただけます。 専門家の気になるプロフィールや取材記事、経歴、サービス内容を掲載しています。

現在の検索条件

神奈川県×交通事故

フリーワードで絞込み

1~4人を表示 / 全4

この分野の専門家が書いたコラム

東京ミネルヴァ法律事務所の件

東京ミネルヴァ法律事務所の件

2020-07-08

弁護士の田沢です。 弁護士法人東京ミネルヴァ法律事務所の解散について,代表者の懺悔告白なるものが掲載されています。 決算内容を把握させてもらえないのに,どうして代表者になってしまったのかな?不可解としか言いようが...

弁護士の酒気帯び運転

弁護士の酒気帯び運転

2020-07-08

弁護士の田沢です。 神奈川県弁護士会所属の弁護士が,酒気帯び運転で現行犯逮捕されたとのこと。 https://news.yahoo.co.jp/articles/16dd2818ff4224e754b958615...

これで懲役6年で済む?

これで懲役6年で済む?

2020-06-26

弁護士の田沢です。 夫の連れ子を虐待し続けて脳に一生残る障害を与えた継母に懲役6年だそうです。なんでこんなに軽いのかね? https://news.yahoo.co.jp/articles/3d824a7a3cf...

この分野の専門家が取り扱うJIJICO記事

検事長の定年延長で三権分立の理念を揺るがす問題点と検察庁法、国家公務員法の解釈

検事長の定年延長で三権分立の理念を揺るがす問題点と検察庁法、国家公務員法の解釈

2020-03-06

政府が1月31日に、東京高検検事長・黒川弘務氏(62)の定年延長を閣議決定したことが、大きな議論となっています。検察官の定年延長に至った背景や問題点について、弁護士の田沢剛さんに聞きました。

留置場からの脱走、どういう罪になる?逃げられた側の責任は?

留置場からの脱走、どういう罪になる?逃げられた側の責任は?

2018-08-16

刑法で規定されている「逃走の罪」は、いずれも故意に逃走したり、あるいは故意に逃走の手助けをした場合を罪として規定しています。なので、留置管理担当職員らの過失によって逃走事件(脱走)を招いてしまった場合、当該職員らの刑事責任を問うことは困難です。

市職員不正採用事件、「採用取り消し」処分は認められるの?過去の裁判例から考察

市職員不正採用事件、「採用取り消し」処分は認められるの?過去の裁判例から考察

2018-07-18

市職員の不正採用事件は、公務員人事の公正さといった公益と、採用を取り消された職員個人の被る不利益のいずれを重視するのかといった観点から判断されるべき問題です。先の大分県教員採用汚職事件の最高裁判決が、具体的な判断基準を示さずに異なる判断を確定させてしまった責任は、非常に重いものがあると考えます。

他の地域から交通事故の専門家を探す