まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神奈川
大橋理宏

多様な石工加工に対応する石工技能士

大橋理宏(おおはしまさひろ)

株式会社大橋石材店

コラム

墓誌(霊標)を付けるタイミング

良くある質問

2014年2月16日 / 2018年10月16日更新


墓誌
墓誌を付けたいのですがあとからでもいいのですか?そのタイミングは?

まず、最近の墓地は狭小型が増えています。

その場合つける場所がない!といったことがあります。

では取り付け可能なスペースが墓地内にあるときは?

もちろんあとからの取り付けは可能です。

その場合は墓石(和型は両側面、洋型は背面)に個人の名前他を彫刻します。

その部分がいっぱいになったタイミングで付ける方もいます。

また最初から取り付ける方もいらっしゃいます。

その時は最初から墓誌の方に刻むようになります。

最初から取り付けるメリットとしては、必ず墓石と同じ石種で取り付けが可能なこと。

例え1週間後に注文を出してもその原石が枯渇すれば、同じ石は不可となることもあります。

その辺を踏まえて計画されるのも良いかと思います。

大橋理宏関連ホームページ


横浜横須賀の“いいお墓づくり”は大橋石材

良材建墓

生前予約の墓じまいお墓のみとり®

整えライフセミナーこちらから

この記事を書いたプロ

大橋理宏

大橋理宏(おおはしまさひろ)

大橋理宏プロのその他のコンテンツ

Share

大橋理宏のソーシャルメディア

rss
ブログ「石って」
2018-06-20
twitter
Twitter
2018-10-17
facebook
Facebook

大橋理宏プロのその他のコンテンツ