まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神奈川
大橋理宏

多様な石工加工に対応する石工技能士

大橋理宏(おおはしまさひろ)

株式会社大橋石材店

コラム

骨壷に水がたまっている  よくある質問

良くある質問

2013年5月24日 / 2018年9月21日更新

あってはならない・・・?

よくあるんです。

骨壷の中に口切いっぱいの水。

カロートの中に水が入ったのでは?

確かにそういうケースもありますが、その場合は様々な現象が起こっています。

つまり骨壷は空洞の中にご遺骨が入っていますそれほど重くもないし軽くもない。

でも骨壷の高さまで仮に水が入ったら・・・・

だいたい浮き上がって倒れていることが多いです。

つまり、壺に水がたまる前に倒れてご遺骨が散乱している。そのケースがあります。

ではなぜ?

多くの原因は結露。

現在の骨壺(水分の透過性はあまりない模様)は気圧の差が激しく湿度が高いときなどはガラスなどと同じように汗をかきます。

それを排出することなくじわじわたまります。

以前の納骨室は弊社では大谷石(調湿機能や効果があったりもする)で作っていたことが多かったのですが今は御影石。

御影石も結露します。

その累積した繰り返しが骨壷を動かすことなく気が付けば口切いっぱいまでたまってしまう正体です。

少なからず調湿効果のあるものを入れることで軽減はできますが自然現象によるもの。

壺の底部に穴をあけるなどの対策がない限りなかなか防げないのが実態です。

大橋理宏関連ホームページ


横浜横須賀の“いいお墓づくり”は大橋石材

良材建墓

生前予約の墓じまいお墓のみとり®

整えライフセミナーこちらから

この記事を書いたプロ

大橋理宏

大橋理宏(おおはしまさひろ)

大橋理宏プロのその他のコンテンツ

Share

大橋理宏のソーシャルメディア

rss
ブログ「石って」
2018-06-20
twitter
Twitter
2018-09-21
facebook
Facebook

大橋理宏プロのその他のコンテンツ