まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ神奈川
大橋理宏

多様な石工加工に対応する石工技能士

大橋理宏(おおはしまさひろ)

株式会社大橋石材店

コラム

心がざわめく

今、感じていること

2014年2月17日 / 2018年10月16日更新

今日は母の命日です。
5年がたちました。

さてタイトルにも心のざわめきとは。

母は脳幹に近い部分の血管内の手術を受け、成功、そしてリハビリの申込みをしようというところまで来て結果的には血管が破れ意識不明となりました。

意識があった最後の1日はお見舞いで病院までは行っていたのですが子供たちが車で寝ていたため、嫁がしばらく顔を合わせていなかったので嫁を優先しあいにいかせました。

とても元気でにこにこしていたよという言葉を聞き安心して、自分は顔を見せずに帰路につきました。

途中夕食をとり、更に家に向かう高速の途中、父から心停止したという電話。

とにかく戻れれば戻れと

子どもたちと嫁を一度家におろし、妹を途中ひろい病院まですぐに戻りましたがそこからは機具に生かされている状態でした。

その後10日間反応することもなく、少しづつ弱り母は亡くなりました。

父も10日間ほとんど病院で過ごしやつれはてていました。

まさに生きて帰る明るい兆しからどん底に。

そのころはエンディングノートなんて話もなかったし、ましてや生きて帰ることを前提に手術を受ける覚悟をした母だったので何も伝えず、そのあとも皆があたふたしたのを思いだします。

手術後ほとんどまだ声にならない声で会話したのが最期でした。

意識を失う日、家族のほとんどが顔を合わせた中で自分がいかなかったことはいつまでも悔やまれてなりませんでした。

たぶんまだどこかで引きずっていると思います。

家族を亡くされた方と向き合う中で、人それぞれにいろんなことが起こっています。

お墓を作ることで気持ちに区切りが少しつく方もいます。

自分のこの体験を胸にまた日々仕事をしていきたいなと感じています。

大橋理宏関連ホームページ


横浜横須賀の“いいお墓づくり”は大橋石材

良材建墓

生前予約の墓じまいお墓のみとり®

整えライフセミナーこちらから

この記事を書いたプロ

大橋理宏

大橋理宏(おおはしまさひろ)

大橋理宏プロのその他のコンテンツ

Share

大橋理宏のソーシャルメディア

rss
ブログ「石って」
2018-06-20
twitter
Twitter
2018-10-17
facebook
Facebook

大橋理宏プロのその他のコンテンツ